スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚的地上波の使い方。

嵐の番組、少しみてやめた。

よく、地上波で、宝塚の番組を!といわれていて、
自分も「花の指定席」で育った世代なんで、
「舞台中継はやって欲しい」と思う。

でもジェンヌと芸能人の共演は、難しいなあと思った。
こないだのスマスマみたいに、
大勢出て、盛り上げるようなのはいいとしても。

星組の3人だけのメンツで(OGはおいときます)
ああ、反感覚悟でゆうと。

夢咲ねねはすごい。

タカラジェンヌの要素は、全くないけど。
トップ娘役の品性のかけらもないけど。
歌も芝居もダンスもできないけど。
レオン君の荷物になってるだけだけど。
星娘の将来も潰してきたけど。

もう退団にむけて、
芸能界に売り込みはじめてるかしこさが見えるよ。

自分は、この人は「タレント」と見切りをつけたんで、
ほとんどこの人の記事は書いてないと思う。
先にも書いたけど「本当に嫌いな人は書かない」んで。
蘭寿さん卒業したら、蘭乃のことも書かないと思う。

で、夢咲さん。
この人、退団近いよね?
たぶん。
そう見えるから、もうマスコミ受けする「自分像」を
すごく意識してると思う。

例えは古いけど、この人観てると、
松田聖子を思い出すんですよ。
この人も自己プロデュース能力の高い人で、
アイドルから、今の地位につくまで、
叩かれようが踏まれようが、
すごい精神力で、生き残ってきた人で。
夢咲さんには、何の才能があるんだか私にはわからないけど、
とにかくタレントになろうと、今必死で売り込んでて、
それを劇団も助けてる感じが見えてしまい、
嫌な気分になった。

この人は宝塚愛なんかないんだ。
自分が売れればいい。
そんな人。
でもOKな人はいて、すごい人気があるときく。
(松田聖子ファンと夢咲ファンのシンクロ率高そう)

同じく、ほとんど何もできない2番手ですが、
紅は、宝塚愛が大きい人なんで、
自分はまだ、見ていられるんですね。

1番辛いのは、レオン君だなあ。
彼女の性格が良すぎるのか、
心の器が大きいのか。
背負うには、大きすぎるものを
今彼女1人に背負わせすぎてるよ、劇団。

蘭とむもえりたんも抜ける100周年を、
しばらくはレオン君1人が支えていく現実。

メディアをうまく利用してるのが、
夢咲さんだというのも、皮肉だなあと思いました。
全然、宝塚の宣伝活動になってないのが、
哀しい。

これみて「ナポレオン」観よう!と思う「一般の人」はいるんでしょうか?
スポンサーサイト

花組公演「エリザベート」に思う。

まだまだ先の話です。
が、もう決定した演目です。
動員もあっての演目でしょう。

だから書きます。

初演の「エリザ」を観ています。

書いてきましたが、再演されて、
まともに観れたのはズンコちゃんの宙組「エリザ」までで、
例外で初演メンツの「エリザガラコン」は、聴けます。
それ以外は、きついです。
スカステで、月1「エリザ」を観てる方は、感じないですか?
全体の歌唱力が落ちてることを。

あれは「全員」があるレベルまで歌えて、
初めて「作品」といえる「ミュージカル」です。
「エリザ」に限らず、海外作品は歌えることが前提で上演されるべきです。

こないだ劇場で、隣の席のご婦人が「今度はエリザベートでしょ?
私初めて観るから楽しみなんです」といわれて、
心の中で「ごめんなさい」と謝ってしまいました。
何故にワタクシが謝るんだか(苦笑)

この気持ち、わかります!?

毎回素人が聴いててもわかるほど、音程をはずすトップ娘役の
「エリザベート」を「良かったですね!」とおススメできますか?
「初めて観る」と喜ぶ人に、いくらワタシでも言えません!!(泣)

そして、新公を観て、さらに思いました。
「キツイ」

組替えもなく、このままの花組で上演したとします。

正直、まともに聴ける人は、
一花ちゃん、だいもん、
ゆきちゃん、ギリギリでキキちゃん、マイティ。
和海さん、びっくちゃん。

みりお氏はね。
う~ん。
面白みないんですね。
何も響かない。
声量もないし、声に特長がない。
地声が弱い。裏声もきかない。
「腹筋を鍛えましょう」くらいしかいえません。
あとはご本人の努力だと思います。

顔はいいんですが、顔だけのトートは
どうでもいいです。

シシィは話になりません。もし彼女にヤル気があれば、
「ファントム」の時点で、すごいレッスンしてるはずです。

しかし、ここまできても何の進歩もない、ということは、
ご本人にヤル気がないからだと思っています。

ヤル気のない人のエゴだけで「エリザ」を観せられる側の気持ちにもなってください。
また、初演メンバーのあの熱演を汚されるのは本当に許して欲しい。

「エリザ」を観たことない方の気持ちもそうです。
たぶん、初見の方の集客も見込んでいるでしょう。
その人たちが、1回みて、
「また来ましょう」と、損得勘定なしで、
楽しんで帰宅していくでしょうか?

今の花組子の歌唱力では非常に厳しいなあ~
というのが、いままで観てきたファンの
素直な意見です。

でも決定してるので、仕方ないですね。

この気持ちが「杞憂」で終わることを祈ります。

花組新人公演~生徒編~

う~ん。
厳しかった。

先に書いたように「作品」が、まさに「未完成」のままの台本で、
本役の中でも、まだまだできてない人が多いのに、
それを今の時点で、研7までの中で演じる。
まずは、その健闘には拍手したいです。

しかしながら、
ダンスのシーン以外で、ワタシの心にひっっかるシーンは
ほとんどありませんでした。

まず、主演コンビのイキがあってなかった。

台詞をとちるとかは、全然かまわない。
言い直せばいいだけなんだから。
会話してて、それがかぶったりするとか、
それは、あまり良い感じはしないけど、我慢しよう。

でも「間」が悪いのは致命的です。
「間」は「魔」です。
「間」の悪い芸人がつぶれるように、
「間」の悪い役者は、へたくそです。

どちらの「間」かと、じっくり台詞を聞いてたら、
リリカちゃんのほうでした。
初ヒロインで、期待が大きかったのもありますが、
歌も下手でした。
かける言葉がありません。
頑張ってください。
とにかく、カレーや、キキちゃんの台詞を良く聴いて、
答えるように台詞を言うといいと思います。
本役さんも下手なんで、参考にはなりません。
信頼できる上級生にアドバイスもらうほうが、
確かだと思います。

カレー君は、見た目が華やかでした。
以上。
申し訳ないけど、難しい作品をやりきることで、
せいいっぱいだったと思います。
歌を頑張ってください。

キキちゃん。
新公の長で、だいもんのお役。
いつもキラキラしいけど、
今回は、イマイチでした。
本公演でも、あまり目がいきません。
でも、台本の影響が大きいと思います。
だから、どうすれば自分が良くみえるかを、
考えることが、これからのキキちゃんの課題だと思います。

マイティ。
贔屓目でなく、良かったです。
マイティとカレー君のやりとりで、
「対立」の構図がよくわかりました。
本役では、学年と積み重ねたものが、あまりに大きくて、
「対立」になっていませんでしたが、
この2人なら、わかる。
そしてマイティは、すべてがモンロー側についたときに怒る演技が
非常に良かった。本気でぶつかってたのがみえたし、
悔しさのにじむ歌い方も印象に残りました。
この人なら、大丈夫だと思います。

べーちゃん。
この人も安心して観られました。
芝居がうまいことを再確認。

びっくちゃん。
この人、好きです。
きちんと芝居を忘れない姿勢は好感がもてました。

あの!
おさげのメガネさんの役名がわかりません、ゴメン。
本公演も、新公も、とにかく、はけるまで芝居をしてるとこに
好感がもてます。
舞台が終わるまで「役」になってる人が好きなんで。

ゆきちゃん、今回出てたけど、存在感が薄かった。
リリカちゃんが、大変だったので、
できれば、ゆきちゃんで、せめて歌だけでも聞かせる人が
ほしかったのは本音です。

和海さんも上手いですが、
本当に歌は弱い!!

新公全体の感想は
「全員、まだまだ台本がつかめてないから、
やりようがなくて、勢いでまとめました!!」という感じで、
いっぱいいっぱいでした。
これが、今の花の下級生さんたちです。
決して芝居のレベルは高くない。
ただ、ダンスや、群衆のシーンは評価します。

レッスンしてください。
去っていくトップを安心させてあげてください。それだけです。

花組新人公演~新公でわかった・作品論~

すっきりしました。色々。

まず昨日、花組新人公演に行きました。

そこから書きます。

結果から書くと、

「どんなに頑張ってても、舞台にその成果がでなければ意味がない」

ほかにもごらんになった方の感想をいくつか拝見したんですが、
ヅカファンならではの「温かい」感想が多く、
じゃあ自分はどう書くか?と考えて、
「自分が演出したなら?」で書くことにしました。

そう書くことで、
何故この作品が「丁寧に書かれていて、好感が持てる」のに、
寝てる人やリピしたいと思う人がいないのかが、
理解できるからです。


最初に、別にジェンヌさんたちを「叩く」とか、
そういう意図でないことは、長く読んでいただいてる方には
わかっていただいてると思いますが、念のため。

「嫌いモンなら感想も書きません!」

では。

「ラストタイクーン」(役名は時々はぶきます)
これを、ワタシは蘭とむを中心に、それに関わる人たちの物語と思って見てました。

だから、それぞれのキャラが多少弱かろうと、
物語がふろしきをひろげたわりに、
たたみそこねた部分があろうと、
「すべて蘭寿とむのため」と我慢して観てた部分もあります。
これが、サヨナラ公演でなければ、
はっきりいって、そんなに何度も劇場に足を運ばなかったでしょう。

答えは「1度だけでは、意味がわからなかったから」

これは、ヅカ作家さんに、忘れないで欲しいのですが、
ヅカファンは「ご贔屓」のために何回も見るという
優しさという「甘え」を、劇団や作家、そして生徒に与えてしまいます。
もし、これが「宝塚」でない舞台であれば、
本当に厳しいです。
「1度みて、面白くなければそれまで」だからです。

本来は「1度みて良かったからまた観よう」
というのが「本当の舞台」だということを忘れないで欲しい。

今回は、先に書いたように、初日では「自分なり」の理解で、
最後だからと言い聞かせて、観にいきました。
でも、これは蘭とむに対しても失礼ですね。
「同情で観てた」んですから。

「この作品で最後なんて、可哀想」と。

サヨナラ公演は、そのトップの生涯にとって「大切な作品」のはず。
だからこそ、毎回毎回、サヨナラのたびに「いいものでありますように」
と、ファンは願うわけです。

そして、その思いに対し、いままでは座付き作家は応えていました。
だから「ラストタイクーン」の前に、
記事に、できれば柴田先生、ショーは岡田先生にならないか?
と書いたんです。
自分が観た時代で、1番信用できる座付き作家さんだからです。
また、蘭とむであれば、ハリーも相性が良かったし、
ショーは「リスペクト」でない大介氏であれば、最高だったと思います。

サヨナラは、そのトップにあった作家を選ぶべきであり、
大劇場デビュー作家さんをあてるのは、あまりにひどい罰ゲームに感じます。
生田氏が選ばれたのは「春の雪」のみりお氏が良かったからでしょうか?
だったら、彼女が就任してからでも遅くはなかったと思います。

自分が初日以降、ショーの感想に重きをおいたのは、
あまりに残酷な、劇団への推測を信じたくなかったからです。

さて。
作品です。
「ルサンク」がでてから、脚本を読み込んで書くつもりでしたが、
構造が理解できたんで、もういいです。

なんで、眠いかといえば「話が単調」だから。
生田氏は確かにモンローの生涯を、きちんと描いていました。
でも作家にとって「見せたいシーン」がぶっちゃけわからん!!
きっとラストの蘭とむと、それを囲む花組子で、
「涙」を誘う図式が1番だったと思うけど、
それだけやん。
何がおもろいの?
こんなんで役者が、主演が、ヤル気だすと思うの?
客が泣くだろうって、ファンなめてんの?

あほか。

何年脚本書いてるわけ?

と、生田氏に会えるならいいたい。

新公で、理解できた「芝居の構図」

これは、蘭とむとみりお氏が、対立して、
初めて「物語として成立した話」

みりお氏が徹底的に「悪役」であり、
モンローを追い出そうと画策するが、
最後には、映画仲間がモンローの味方について、
悪役は去り、ヒーローは残る。

しかし、もう1つしかけがあり、
勝ったヒーローがこれからヒロインと幸せになる、
その手前で「悲劇」が起こるから
「心打つ物語」として観客にうったえてくるんじゃないんだろうか?

しかし、生田氏は、
みりお氏を「徹底した悪」に書かなかった。
これがまず失敗。
結局、みためのオヤジ具合しか話題にならないみりお氏。
可哀想だ。
もっと「悪く」演出するべきだろうに。
そしたら、彼女の引き出しもふえたハズ。

新公では、その対立が、はっきりみえたので、
「物語」として、みりお氏が本来果たす役割が理解できた。

そして、ヒロイン。
これがきちんと書けてない。
「似てる」だけで好きになられて、その人の人格無視。
ワタシ自身、死んだ恋人に「顔が似てるから」と、
好きになる心理や、そういう物語が嫌いなんで、
全然心にひっかからないし、
かつ性格の書き分けも、あまりできてない。
だから、芝居心の欠落してるトップ娘役は、ますます下手なままだし、
新公ヒロインまで、何を演じてるのかみえないままで終わってしまった。

また、ここにヒロインに対する「悪」として、
だいもんが書かれてるんだが、
結局、書けてないからテーブルをひっくり返す男で、終わるもったいなさ。
新公のキキは、ひっくり返すこともできないまま、
中途に終わってしまった。

キキの作家にしても「お前らのバカー」で
去ってしまうから、結局何の役割ででたのかわからん。
新公でも同じ。

モンローに反発してるのに、
解決しないまま、去っていくから、観客おきざり。
あれだけ、モンローラブだった、みりお氏娘も。
かわりに、いままで敵か味方かわからなかった
みつるが、いきなり擁護して、
「あなたは味方だったのか!」とか、
終始、モンローのそばにいる一花秘書以外、
みんな、あまりに唐突すぎる。

ついていかれへんやん!!
そりゃ、となりのおばちゃん、寝るわ。


同じ原作ということで、イケコ版「失われた楽園」がスカステで放送されました。

これで演出の力量がはっきりでてます。

原作があろうとも、忠実でなくていいし、
多少作者の、書きやすいように変えても、
それが「役者が魅力的」にみえるならいいじゃないか。
生田氏は原作があれば外さないという前評判もあったから、
余計にガッカリした。
原作からひっぱるエッセンスが今回は悪かった。

イケコは、タータンを「悪」にして、ミキちゃんに対立させ、
「演劇的」な演出に見事に変えました。
ワタシは、物語はイマイチでも、
トップの見せ方、舞台の見せ方においては、
こちらのほうが、よほど評価できます。

ワタシなら、みりお氏を大ボスにし、
だいもんをつかって、
まさに蘭乃と幸せになろうとしてる、蘭とむを殺させるでしょう。
そこで暗転。
そしてスクリーンのシーン。
そこに写すべきが「千夜一夜物語」
語り始めるモンロー。

わたしなら、こう言わせたい。
「嘘というのはやっかいなもんだよ。
だけど、その嘘をスクリーンにするためにオレは正直に生きてきた。
オレは言葉がたりないから、誤解もされた。
でも」

そこで舞台に並び立つ花組子に照明。

「みんな最後にはついてきてくれたから」

そうして銀橋を渡りながら「サンキュー」の歌。
「明日にたくす」と歌いながら
去る蘭とむだったら、壮絶にカッコイイと思う。

この役は、カレーの初主演には、あまりに重い役だった。
それでもよくやったとは、思う。

まずは作品論の締めくくりとして。

劇団には、サヨナラ公演には、
その生徒に合う作家をお願いします。

作家には1度みただけで、理解できる物語を書いていただきたいです。
時に理解できなくても「作品自身に魅力がある」から、
人気ある作品もありますが、それは天才作家のみにおこる奇跡です。
宝塚の基本は「また観たくなるわかりやすい作品」が基本です。

そして生徒さんには、どうかレッスンしてください。

それは、次の生徒編で。

寿美花代がかっこええ!!~100周年の殿堂~

「宝塚の殿堂」を観た。
何、この寿美さん、メチャ面白可愛い!!
今まで、高島母としか認識してなかったけど、
なんか「パイナップルの女王」で、足出した人くらいに思ってて、
本当にすいませんでした!!
と、頭をさげました。

この方のトップ時代ってすごかったんですね。
やはり「過去は常に新しい」ですよ!!

「華麗なる千拍子」の、千拍子の歌?
あのリズムの取り方といい、
歌のウマさといい、びっくりしました。

再演されたり、最近は宙組でもダイスケ氏がリスペクトショーしたけど、
あの場合、テルに歌の才能があれば、やらせるべきは、
「千拍子の歌」を歌わせることでしたね。
再演モノは、やはりできる人がいるかが問題。難しいと思います。

当時と今の環境が全然違うのがあります。
何より「宝塚トップ」の価値や才能が、もう神的に違う。
今は「勉強しに」アメリカまでいって、ジャズを聴きまくる時間とか
ジェンヌさんにはないと思うし、そこまでする人の話も聞かない。
昔のジェンヌさんは、逆にどんな風に、
何もないトコから「自分を磨いたか」を語ってくれるから、
話を聞いてても、聞くほうもためになる。

寿美さんの話はスケールがでかいけど、個人的にすごい努力家と思う。
ジャズのリズムの取り方を聞きに、江利チエミの楽屋に、
面識なくても行くトコとか、そこに忠夫がいたとか(どーでもええ)
江利さんにいくとこが、いいよなあ~と思う。
彼女を知る人も、今どれくらいいるかわからんけど、
美空ひばりに「ジャズだけはチエミに負ける」といわせた、
天才やったんですよ~
「テネシーワルツ」が有名やけど「カモナマイハウス」が
ワタシ的神ソングです!!

そんな風に勉強しはって、寿美さんは「華麗なる千拍子」で、
ジャズを歌ったんですね~
「パイナップルの女王」はオマケというか。
いままで「バリバリの男役」で「すごい人気」のスターが
「足を出した」から。話題になったわけで、
別に、足だけだすなら、どの男役にもできるという話。
足にも価値がある。少なくとも寿美さんだから、話題になったんです。
ムダに今の子に足ださせるのと、意味が違うんですね。
それより、フィナーレに使われた曲が「幸福を売る人」!!
「ドリドリ」でも、あのシーンになると自然に手拍子しましたが、
その原点は「華麗なる千拍子」やったんですね。感慨深いです。

連日超満員とありましたが、そりゃ戦後の何もない時に、
いきなりあんな豪華なモン見たら、
ほとんどの人間は、虜になると思います!!
宝塚は夢の世界ですよ。
ワタシもその時代で観たら、やっぱりヅカファンになったやろなあ~

寿美さんの面白ポイントはその成功で満足しないところ。
3枚目の役、ようするに「お客様に楽しんでいただきたくて」
笑える作品を好んで演じるトップスター!!
「高木先生(華麗なる~の作者)には悪いけど、華麗なる千拍子はもう終わったことやから」
かっこええやん!!

そうして、今度は作家先生のトコにまたも訪ねて、
「ワタシに作品を書いて欲しい!」と直談判。
すげえ!
しかも、コメディ。
あくまでも「お客様に楽しんでもらいたいから」

もうね、好きになりました。なられても困るやろうけど。
どこまでも「芸」を追及する行動派トップスター。
そんな人が宝塚にはいたんやなあという、感動。

そして可愛いのは、退団の時。
寿退団だったので、嬉しくて笑いながら舞台に立ってたら、
組長さんにしかられた、とか。
「でも好きな人と結婚できるねんもん」
ああ、なんかええわ~

あくまでも「宝塚」では楽しませるエンターティナーとして。
卒業したら、それはすべて夢の話。
潔さを感じます。

今のタカラジェンヌさんに感じる閉塞感。
この時代と比べるのは申し訳ないですが、
「芸」のために、心に余裕をもたせてあげて欲しいなあと思います。
舞台に立つ人が「面白くない」と、観てるほうも面白いハズないんで。

ああ、昔の作品で、フィルムが現存してるなら、
スカステさま!是非放送してください!!!
アメリカに宝塚の映像があるのに、
劇団に映像がないなんて、ありえないです!!
深夜枠でいいから、こういう貴重な話や映像を放映してもらえたら、
もっと宝塚を楽しめると思います!!

最後の大君~とむと愉快な仲間達~

もうね。
ふっきれたよ!!

「関西人とはいかに愛する人を落として持ち上げるか?」
という友人の言葉を聴き、
「をを!そのとおり!!イジってナンボやな」
と思いまして。

今日の感想は「落として持ち上げます」

芝居。

みりお氏!!
これくらい日がたてば、おっさんになってるかと思ったが、
やはりムリがあって。本人もおっさんになろうなろう、としてて
観てるほうも苦しい!!何気に緊張する。
老け役は、姿勢を少し前かがみにするとか?
でも何歳の設定やろ?
娘が大学生なら40~50代。
ヒゲより、姿勢が大事かも。
こーゆう時に専科さんのビデオみたらいいのに。
今のみりお氏、声が聴き辛いッす。
次回に期待。

だいもんのドメスティック度があがってます!!
私はテーブルひっくり返すより、
蘭乃にピストル突きつけてるだいもんが、ドSでツボで、
毎回「そこで撃ってしまえ!!」なんて思うんですが(苦笑)
この人が出てくると安心感さえ漂うのこの頃です。

まりん映画監督。
気になってるんですが、飛び降りて手を骨折して、
いつまで骨折したままなんですか?もう治らないんでしょうか?
気づいたら、大君が死んで、お墓のシーンでも骨折したままやったけど。
生田先生はOKなのね?
複雑骨折かなんかですか?
おばさん、気になって仕方ないです(苦笑)

あと、初日にはなかった?かなあ。
大君が、よっぱらってボコられるシーン。
あれは、つけたしたのか?
「ボクシングをやってるんだ」みたいなことゆうて、
ふじPにボコられる蘭とむ。

かっこ悪い蘭とむがカッコイイ。

なんか幻影をみてるねんけど、
ああゆう演出は好きです。
映像の多様より、幻想シーンの多様のほうが
舞台的でいいなあと、感じます。

今回とにかく細かい芝居してる人が多くて、
頑張ってはるなあと。
白い歯のマイティとか。
あと、おさげでメガネをかけた娘役さんが
すごく目に入りました。細かい芝居たくさんしてました。
びっくちゃんは、ホンマにビックです。

ショー。
もうカリビアンにはまった。
ええ。
蘭とむの
「しゃくねつうのたいよお~」
「あついあついあつい」
もう、腰ふるならそこでしょ?みたいな。

だって、騎士と黒燕尾だけでは、あまりに哀しいじゃないですか!!

だから、私の萌えポイントはカリビアン蘭寿です。
「あついあつい」といいながら、スェクスィに腰をスウィングしてくださると
ファンになったかいもあるってもんです!!

騎士はいつみても「美しい」です。
あのマントさばき。見事やわ~。

「こんな男おらんから!」という男がいるのが宝塚で。
それを演じてるのが「男役」というタカラジェンヌ。
だけど、最近本当に「夢を見せる」意味で、
「男役」として成立したトップスターは、
贔屓目でなく、蘭寿とむであり壮一帆やと思う。
レオン君もカッコイイけど、「男役」より「ショースター」のイメージが強いので、
あまり意識したことがない。

だから。
だからこそ。
絶滅危惧種保存委員会としては、
蘭寿とむに、男役生活を全うして、卒業して欲しい。

次こそは、激しい腰ふりがみられるかなあ~(そこかい!)
つうか落としてばかりで、あげてなくてスマン。

松岡修造さま

ソチが終わったら、
本気で、宝塚にきてください。
そして、その暑苦しさ、もとい情熱を、
劇団経営にそそいでくれませんか?

少なくとも、あなたのいとこ殿よりは、
全然違うと思うんですよ!

卒業時期。

あゆっち退団。
思い入れはないけど、
居座りよりは、
かっこいいと思う。

夢を売る フェアリーやるのも 楽じゃない。

居座りも 才能ないと ただのバカ。


2回目の翼ある人びと~それぞれの翼~

終わってしまった。
仕事がなければ、通いたかった。

タカラジェンヌを語ることはあっても、
作品を語ることは、「ベルばら」を笑うくらいしかなく、
本当に寂しい状態だったので、
この久美子先生の快挙を本当に喜びたい。

そして、コメントにも書いたのだけど、
作家、演出家に必要なのは、
「作品」を上演する「場」である。
稽古場つき、タカラジェンヌという役者つき、
という恵まれた環境にいながら、
駄作ばかり排出されるのが、不思議であったが、
要は、大劇場は「お客」が確実にくる「海外ミュージカル」か
植じい作品に占領され、
バウは、あおりをくらった先生方に提供され、
外箱では、劇団に貢献された、柴田先生と岡田先生の
作品(たまに他の先生)でまわしてる状態。

なんのための「バウホール」なんだかわかりません。
昔と違うのはわかりますが、
新人に発表の場所を提供し、経験をつまさなければ、
才能ある人はひきぬかれ、或るいは去り、
どんどん、座付き作家は、無能か、老人だけになっていくと思います。

真剣に座付き作家の将来を考えてください。

私は、柴田先生や、岡田先生のような先生のほうが、
「本当に生徒のことを理解してる」と思うのです。
それは、作品に表れています。
作家の人間性なんて、書いたもんに全部でるんです。
ホンマ。

だから、その組や生徒さんに合う作品をきちんと書ける人を、
私は「作家」として認め尊敬してるんです。

柴田先生「忠臣蔵」をかりんちょさんにありがとう!
岡田先生「ル・ポワゾン」をウタコ・ミミにありがとう!
と、なるんです。

話がとびました。

こうして、ドラマシティの場を与えられた久美子先生。
くりえいたあと同じく「こだわる」と生徒さんが言ってたんですが、
くりえいたあの「こだわり」は、あくまで「アタクシの見栄」であり、
久美子先生は純粋に良い「作品」の情熱が「こだわり」という言葉でしか
表現できなかっただけのことだと思います。

ただ、2幕の最初に3人がそれぞれに、
「創作者」の苦悩を語ってしまうんですね(主演の3人以外)
それは、言わせたらアカンなあと。
ダメだしできるなら、このシーンでした。
なぜなら、台詞で「主題」を語らせて、
観客にわかってもらおうとするのが、
1番「陳腐」だからです。

だから台本書きは「いかに主題を語らずして、台詞を書くか?」に
頭を悩ませるのです。

小柳先生も語らせる傾向があります。
くりえいたあは、すべて語らせます。そうなったら終わりです。
だから、久美子先生、小柳先生には、悪い見本のまねはして欲しくない。

観客(特にヅカファン)は何回も通うということもあり、
非常に目の越えた方もおられます。
心配しなくても、少なくとも久美子先生のお話は伝わってると思います。

1回目。
話のカナメとなる、うららが、今回は非常に強かった。
芝居が上手いと、私はあまり歌はきにしないので、
そりゃ、上手いにこしたことはありませんが、
感情の抑揚をもっとつけるテクニックをもてば、
最近はみかけなくなった「大人の女」もできるトップ娘役になれると思います。

キタロウの飛び降りてからの狂い方も素晴らしい!!
また、まなとの子供のような泣き方も、心苦しくなりました。
回を重ねる事に、熱をおびる出演者たち。
熱いです。

そしてベートーベン?は面白く難しい役でした。
書き手なら、ベートーベン?に?をつけた理由が知りたい。
ナウオンでは、ようなもの?ということでしたし、
劇中では、ブラームスの分身だったわけで。
ブラームスは結局音楽家として、彼をこえようとしていましたが、
越えたかどうか?決めるのは後世の評価ですよね~
演じるりんきらちゃんは、声が良く、迫力ある役者でした。

台詞に「ベートーベンを越えるために山に登りはじめたけど、
その山の頂に立ったとき、自分が彼の物まねでしかなかったと
わかったらどうしますか!」(ウロ覚えです)みたいなことを
ブラームスがシューマンに尋ねるのですが、すでに狂ってるシューマンは
それを意に介そうともしません。
「もう頂上にきてるじゃないか!」と。
芸術とは恐ろしいものだと、
この台詞を聞いて思いました。同時にこういうことがキチンと書ける人が
宝塚にいることに、改めて嬉しくなりました。

また、クララは言います。
「私が曲を書かなくなったのは自由をなくしたから」(みたいな意味)

翼を得るためには、何かを犠牲にしなければならないことのたとえです。

結局、ブラームスはベートーベン?の影からも、クララからも離れ、
最後は1人で亡くなりました。
彼は、翼を得ましたが、生涯、孤独でした。
ベートーベンも、そうだったように。

自由と引き換えに才能の翼をなくしたクララ、そして、クララという伴侶をえたシューマン。
彼もまた、方翼をなくしました。

幸せはそれぞれの価値観なので、どちらが良いとはいえませんが、
私は自由をなくしても、家族をえたクララがうらやましいと思いました。

でも、可能性の翼がある限りは、どこまでも飛びたいですね。

「翼ある人びと」~翼がはえて、良かった~

「翼ある人びと」観劇。
若手作家で、ゆいいつ「まとも」に思えた久美子先生の作品!!
それだけでテンションあがる。

そして。

「かっこいいまなとを初めて観た!!」と思えた(すんません)
花組時代も?な感じやし、
宙組にきて「銀英伝」はただのイケメン集団で。
「モンテ」は「わなにはめてやる~」ソングしか覚えてなくて、
「風共」では、なんてゆうか、スカーレットかい!!
みたいな、評価のしようのないお役ばかりで、
あまりにまなとを、堪能できなかった。
でもヨハネス(ブラームス)は良かったです。

本当に、久々に「当て書き」できる作家さんが登場しました!!

ヨハネス・まなと。
ロベルト・キタロウ。
クララ・うらら。

2人の男役に1人の娘役。

3人が繰り広げる「切ない心のストーリー」
文字にすると陳腐ですが、
本来の宝塚はこうだった。
誰もムリなお役はしてない。
適材適所で、それぞれが良い芝居をしています。
すごくシンプルな方程式なのに、
何故、それが可能な先生と不可能なセンセがいるのでしょう?

1つは、人間観察の浅い人。
そして作品の主張優先で、出演者をおきざりにする作り。
人事の事情丸出し配役など。
しがらみが多すぎて、書けなくなるのかもしれない。
でも久美子先生の強みは「口コミ」で評価が高いというとこです。
月の「風共」でも、幕間に、この作品のチケット販売をやってました。
ずいぶん、粘ってました。
私は、この「梅芸お及びドラマシティ」の関係者の気合いが好きです!
「良い作品だから、なんとかチケットを売ろう!!」という
大劇場らしからぬ「力の入れ方」が男前やなあと。
同じ系列ながら、どこかの歌劇団は、まかせっぱなしで、
恥ずかしいなあと思わないんですよね~

話を戻します。

ヨハネスははじめ酒場のピアノ弾きです。
「すっげえ」汚い男と呼ばれるくらい、いけてません。
そこに、救いの手が差し出され、
幸せを絵に描いたかのような、ロベルト一家のもとに訪れます。

キタロウが戻ってきた!(涙)

宙にいってからは、もうなんか「テル友」扱いで、
何の役をしてても、心に響かず、
ベルという役にとどめを刺され、
「もうカッコイイ、キタロウは観られないのか」
と、あきらめていた。
だから、よき夫、よき父、よき師匠を演じ、
最後には精神も身体も崩壊するという
「私の好きなキタロウ」が観られたこの幸福!!

この人、本当に上手いのよ!!
テル友で終わらせるのが、本当にもったいないんです!!
包容力と危うさを併せ持つ男役は、なかなかいないと思うので。

そして、うらら。
この人が、ただの「よろめき夫人」で、
夫とヨハネスの間をふらふらしただけの女性なら、
この作品がこんなにも、素晴らしくはなかっただろう。
つまりは、うららのクララに作品がかかってるといっても
過言ではないんだけど、
歌以外は、かっこよかった。

「自分の意思」がはっきりした女性。
ヨハネスを憎くは思わないが、
決してゆるがないロベルトへの愛情。
ヨハネスになびかないからこそ、
彼らの奏でる音楽のすべてが、心に哀しく響いてくるのだ。
何より美しい。品がある。
こんな娘役さんが、やはり上に立つべきだと思う。

そしてベートベン?という?のついた
「ヨハネスの影」を演じるりんきら。
上手いわ~。
さらには、リストを演じる愛月ひかる。スラッとしててかっこいい。
個人的には酒場の女、花音舞ちゃんが相変わらず怪演してて良かった。

宙組は、そんなに観劇しないので、
色々生徒さんを観る勉強にもなりました。

次回を期待したいけど、
このあがったテンションを思い切りさげる「オスカル編」
どうしましょう。

ど~して、良い作品のあとで、オチをつけるかのように
あんなのやるかなあ~(涙)
オスカル編は、また「ベルばら」と別物で作られたし。

わかった!
若手作家つぶしの犯人は、植ジイです!!
「ベルばら」のあとで、この作品を観たかったです。

久美子先生、辞めないで下さいね!!

壮さん退団、その他もろもろ。

96期問題を、軽く考えるのはどうでしょう。
私は「宝塚」が100年かけて築いたものを
一気に壊してるようなもんだと、
ずっと書いてるのですが。
96期云々じゃないんですよ。
許す、許さない問題はとおりこしてます。
だから「やっかいで、根が深い」と書いているのです。

別に気にしない方は、スルーしてください。
私は宝塚バカなんで、書いていきますんで。

壮さんの退団発表。
気分が「蘭とむ」サヨナラで、沈んでるのに、
追い討ちかけられた気分ですが、
「前田慶次」のポスターかっこいい!!
えりたんらしいといいますか。
最後まで「かぶいて」欲しいです。

その「前田慶次」担当の大野先生が退団とか、聞いたのですが、
ホンマですか?

辞めるの辞めて!!

今、彼が辞めたら、まともな日本モノを書ける人が
本当にいないですよ!!
上田久美子先生だけになる(涙)

それは、宝塚的にどうよ?!

今後、日本物が観られないというのが、
シャレでなくホンマになるんじゃないかと、
ドキドキしております。

腰がはいってないわよ!~大君2回目~

もう、このサヨナラ公演のために働いてきたんだから、
とにかく花組と蘭とむをみることに
「なるべく」集中することにしました。
やっぱし、ダメだしはしたくなるんで、
書きますが、基本は「愛!」です。
「愛は狂って麻薬のように美しい」んです!!

で、サイトーショーなんですが。
初日こそ、けなしましたが、
2回目は、全体をくまなくみて、良くなってた!!
つうか、サイトーショーに蘭とむ以下花組子が合わせてますね。
さすがです!
なんでかというと、
観てて「楽しい」と思えたからです。
ショーは観てて「楽しい」と思えるもの。
それが基本だと思ってるので、
前回は、ホンマに拷問でした。

確かに選曲は安易で、
KENTOさんの振り付けは
異様やったけど、

蘭とむが美しい。

それだけで、いいです。

もうなんか許せました。
やはり騎士のマントと、
黒燕尾は最高!!

黒燕尾ですが、以前、スターさんによって持つ場所も違うと聞き、
今日、蘭とむスタイルを確認したんですが、
一番下。そこを持ってるの。
で、他の花組子みたら「全員同じ位置」なんです!!(涙)

ワタクシ、みりお氏にこの持ち手だけでも継承して欲しいと思います。

さかのぼって、
ラテン?プログラムでみたら
たぶん「ムゲン ディアマンテ」のとこね。

歌詞がねっとりしてきて、
蘭とむ、キター!と思いました。
「あつううい あつううい あつううい」
あの歌ですよ。熱いソング(たぶん)
今日銀橋で、すこ~し腰ふりがでてきました!

蘭とむ、はじける手前です!!!

もう、あそこで振らなかったら、どこでふるんですか???
卒業したら、やたら腰はふれないんですよ!!!
あなたは絶滅危惧種なんだから、きちんとふっていただかないと!!

(ファンの皆様もきっと期待されてるハズ……)

ショーに物足りなさを感じてたとしたら、
腰が入ってなかったからと思います。
マジで。

あとKENTOさん振り付け、今日まともにプログラム読んだら(いまごろかい!)
盲目の少女に花をもらって癒されてたん?
そのわりには襲われたときに、
花を思い切り投げてるよね?

初日から、勢いよくソデに、何を投げてるのかと思ったら

花かよ!!

ますますアカンやん!
自分を和ました花をさ、いくらピンチやからって、
ソデまでなげなくてもいいじゃないか!!
せめて胸にしまうとか、帽子にさすとか、何か考えようよ、KENOTO!!
だから、アメリカンは表現が大陸的なのよ!!

銀橋で狼とむが披露してたのは、ムーンウォークやったんかなあ?
あれ、スッシーさんが上手かったですよ~
がんばれ蘭とむ。君ならできる。

あとはよっちですなあ。
あの身体の軸のブレなさが素晴らしい!!
高くあがる足といい、本当に花組からダンサーがいなくなるのが寂しい。

でも、あきら、ふじP、今日みてて結構目につきました。
あきら氏は風格がでてきたし、ふじPはジャンプしたとき、
すごく高く上がってたのが印象的でした。踊れるやん!!

そうそう、はじめのほうにでてくる
ムゲンツアーの3人娘、まりん、タソ、びっくちゃん。
あまりに可愛くて(マジで)笑えます(笑うんかい)

それから、だいもん。
この人は初日からブレない。
とにかく上手いです。
ダンスも蘭とむの隣で踊ってます。見劣りしません!!
かっこいいわ~

歌はいうまでもなく。

そして歌といえば一花ちゃんがよく出てきて嬉しい。
本当に全然かわらない「可愛さ」が好きです。
ゆきちゃんは、エトワールも、やってます!!
この人の高音がきれい。
バウで聴かせてくれた美声を何度も聴けるのは嬉しいです。

みりお氏とカレーのからみは飽きた。
美しいものは、3日であきるのよ~
なんでもかんでも美人をくっつける安易な発想は禁止。
でも、みりお氏
ダンス、頑張ってると思います。
しつこいけど、黒燕尾は受け継いでね!!

以上でしょうか。2回目の「熱い思い」
あくことのない情熱、蘭とむ。

次回は、彼女が思いきり腰ふりしてることを
願って、観にいこうと思います。

「TAKARAZUKA夢眩」~初見~

どうして、サイトー氏にショーを作らせたのかしら?

この人、芝居でしょ?
「カラマーゾフの兄弟」は最高でした。
「仁」も良作でした。

でもきりやんの「ミスティステーション」は怒りました。
ファンの方はがっかりしてました。
そんな人に何故また、サヨナラショーをつくらせるかなあ?

内容は初日挨拶での蘭とむと同じ意見です。
(スカステでやったら聞いてください)

「サイトー先生らしい内容で」(客席失笑)
「でも後半の剣のシーン、羽山先生の黒燕尾は素敵です」(みたいな感じ)

事実、本気でKENTO・MORIまではダメでした。
踊る「蘭とむ」がみたいんです。

わやわや組子さんがでてくるんですが。
「適材適所」が全然いかされてなくて。
ただたくさん舞台にあげてあげるのもいいけど、
これは、サヨナラなんだ、と思うと、
少し人員整理して欲しいなと思いました。

また、そのKENTOさんですが、
マドンナのダンスはヅカに合わない。
そう思います。

なんか、浮いてた。
やたら今年は「コラボ、コラボ」というけど、
本気のコラボというのは、呼ばれたゲストが、稽古時間中、ずーとはりついて、
稽古をつけることですよ。「一緒に作品を作るコト」をコラボっていうんですよね。
星組は、音楽提供しただけで、姿をあらわさないし。
KENTOさんは後ろで観てたけど、「ミスマッチ」は感じたと思います。

だから、8ステージ目(もう終わりです・苦笑)
蘭とむが騎士の姿で現れたときの「美しさ」に胸熱!!
マントをひるがえし、笑顔で舞台にたつ、その姿が「絵」になってる。

「これが絶滅危惧種の男役の姿です!!」

きっとKENTO氏も、この衣装姿を観たら、宝塚への
振り付けも変わってたかもしれないなと思います。
とにかく、少年が成長し、立派な騎士となり大階段を
のぼっていく姿には、泣かずにいられませんでした。

そして。
黒燕尾です。
「ザ・男役」です。
もう何もいいません。

観てください。
とにかく観てください。
一切ムダのない動き、キレのよさを。
そして、これまた屈指のダンサー、よっちと絡むシーンは
本当に素晴らしいです。

最後に。
岡田先生は著書で1つの作品に200曲は使用するための音楽をきくそうです。
サイトー氏は何曲聴いたのかなあと思います。
なぜなら、自分も知る音楽ばかりだからです。
「サルでもわかる名曲集」です。
こんな人はショーを作るべきでない、というか、
ムリだと思います。
特にサヨナラであるにも関わらず、
曲のセンスの悪さや、構成力のなさは致命的です。

この「騎士」のシーンと黒燕尾がなければ、
みてられなかったです。

こちらも「花組子」の力で、楽日には素晴らしくなってるでしょうが、
こんなに生徒におんぶするのを、恥ずかしいと思ってください。

「悔いは残る」~最後の大君・初日~

なんとなく。
「ラスト・タイクーン」より、
蘭とむっぽい気がして。「最後の大君」さま。

絶滅危惧種の男役のサヨナラ公演初日。

絶滅危惧種を観るために大勢の観客がつめかける。

本当に。大勢いた。ファンの欲目でなく。

そんな中、開演。
「花組の蘭寿とむです」のアナウンスに拍手がおこる。

幕があがる。
いよいよ、ラストステージが始まった。

と、格好良く書いてみた。
これが「絶賛」にあたいする舞台なら最後まで、
ノンフィクションのごとく書いていたのだが、
そういう作品ではなかったので、
普通の文章にもどします。

生田センセは「頑張った」と思います。
初めての大劇場公演が、
蘭とむのサヨナラですから、
まともな座付きであれば、緊張して当然だと思います。

ワタシは、生田センセは非常に物語を書くのがうまい作家だと
思います。欠点は登場人物の心情が書けないことです。
だから、役者の技量が非常に必要です。
物語の設定は細かいけど、
そこにでてくる人物がどういう人間で、
何を思ってるかが、いまいち伝わりにくいという、
発展途上の作家さん。
加えて、今回、非常に間延びした構成で、
ところどころ退屈でした。
これは「どこを削るかわからない状態」
つまり、台本はできたけど、
「削るのが惜しい」ので、全部盛り込みました、という感じ。

もう少し、いる、いらないという、
「編集作業」をしたら観やすい「面白い」作品でしたが、
今の状態では「話のお団子」で、

かんじんの蘭とむがみえないのよ!!

お客さまは蘭とむを観に来てる人が多いんだから、

そこを考えようよ!!

やはり「サヨナラ公演の書き方」くらいは先輩作家にきいても
良かったんじゃないでしょうか?
生田センセ、魅せ方も下手です。

でも、蘭とむと花組子の頑張りが、それをふきとばしていました!!

初見。印象に残ったこと。

みりお氏が蘭とむを追い落とす、悪人です。
原作では「暗殺」の仕掛け人みたいなことになってました。
娘がべーちゃんです!みりお氏パパなんです。
それなりに役作りをしていて、
気合いが感じられました。
ただ次期トップにしては、あまりに群衆に埋もれてる。
「押しのなさ」が非常に残念です。

一花ちゃん。
じゅりあちゃんが長い休演。
そのぶんまで頑張るかのように、今回は蘭とむの秘書役で、
一緒の出番が多い(涙)
最後はやはり気心もしれた、芝居の上手い娘役さんが
そばにいてくれて安心しました。

なにより、なんとなく「重く感じた」空気をふきとばしたのは
だいもんでした。

この人、本当に化けたと思います。
まさかみりお氏の同期支えなんかで終わりませんよね?
そんなことしたら、バチあたりますよ、と言うくらい、
場の空気を変える力をつけていました。

なにより、今回蘭乃の恋人役がだいもんだったのが良かった。
芝居がうまいので、どんな下手でもカバーするんです。
蘭乃の存在をあまり意識することがなく、観ることができたのも大きいです。

では蘭乃はどうか、といいますと。
第3場まで、ミナとの出会いから、ミナ・デービスの映画をスクリーンで
上映するまで延々とあるんですね。
ワタシ、このシーンだけなら

「失敗した!!」「生田のバカ!!」と本気で思いました。
スクリーンに退団しない娘役の映画のシーンが延々写るんですよ。
拷問かと思いました。
あまりに気になったんで、帰りに原作かって、
電車で一気読みしました(速読なんで)

「そんなシーンないから!!」


それで思いました。
ミナが死んで以降、一応2役の蘭乃はまた出てきます。
が、彼女だけの見せ場はありません。

「ワタシの出番がないですよね」
と、言ったとしましょう。プロデューサーあたりに。
それで「生田くん、シーンをつけたそうか?」になり、
付け足しやすい、最初か最後なら、
最初のシーンに、ミナ・デービスの映画シーンを入れた、と。
そう考えないと、何故あの不要なシーンがあるのか、
構成を大事にする生田センセがやるとは思えないんですよ。
まあ、想像ですし、ミナの相手役でタソちゃんが頑張ってたので。
ゆいいつのみどころは「タソ」です!!

蘭乃に関しては本当に嫌いなんで、もう書きたくないんですが、
一つだけ。
幕空きから、ショーの最後まで「音程」はずしてました。
これは観た方が1番ご存知だと思います。


トップになって何年目でしょうか?
いい加減にしなさい!!
こいつには、それしかいえません。
もう蘭とむもかばってはダメ。
こいつは自分で「残る」と意思を表示したんですから、
トップ娘役の責任を果たさせてください。
他の方も甘い顔してつけあがらせないで。
もう、第2の蘭とむを作ってはいけません。
お願いします。

そして、その蘭とむ。
「ラスト・タイクーン」というには、
はじめに大物感が伝わらず、
みりお氏と喧嘩してるスーツのイケメンでしたが、
話がすすみ、生田センセの描こうとしてる世界感が見えたとき、
「ああ、この人、最後の映画界の大物だったのね」と思いました。
そこに行くまでが、なんか長くて(苦笑)
で、彼が死んで、回想します。
台詞は初見なんできちんと覚えてません。
ただ人生(宝塚)を振り返り言います。
「悔いは残ってる」と。

ここをカットしなかった生田センセはえらい!!
もしも
「後悔のない人生だった」なんていったら
「嘘やん!」と突っ込んでました。
ありがとう、この台詞を書いてくれて。

「ラスト・タイクーン」じたいは「面白い!」と素直にはいえませんが、
生田センセの台詞のチョイスと、それぞれに絡ませる相手を
考えて書いてくださったのは、1ファンとして良かったです。

花組は、楽日にかけて、どんどん良くなる組なので、
進化した舞台が楽しみです。

「サンテ」新公を観た。

あの迷作がわりとフツーに観られたのは
すごい。

キキちゃんが「愛革」といい、
彼女が蘭とむの役をやると、
本役より良いように思えるのは、
「しがらみ」のなさが大きいと思った。

もちろん、キキちゃんには「天性の華」があり、
それが1番の強みなんだが(芝居やダンス、歌は
これから、どんどん課題になっていくけど)

すくすく育つと、
やはりいい舞台をみせる人になるんですね。

そこが本役との1番大きな違いでしょう。

だから、キキちゃんが「壁」にぶつかったとき、
それを乗り越えるかが、
トップへの彼女の試金石だと思ってます。

それにしても。

蘭乃がいない、というのもあるけど、
本当に花娘たちは、芝居上手いわ。

ワタシ、アフリカンダンスを踊りだす、
コンスエロ蘭乃は「イタイ」けど、
うららちゃんなら「あまりに心配すぎて、てんぱってるのね?」
と、一緒に踊ってあげたくなった。

なにより「星の王子さま」
うららちゃんはちゃんと「王子」の演技をしてる。
だから見てても、微笑ましいし、
あそこで「コンスエロ」の孤独感を出したかったであろう、
谷ご乱心の作品も、まだ理解できた。

ゆきちゃんも、存在感あったなあ~
でもリリカちゃん!良かった!!

今回の新公でヒロインにした人、えらい。
あの突き抜けた感じは、娘役に貴重。

とにかく、トップが何もできない娘役だから、
余計に悔しいんですよね。
しかも居座るので、彼女らの活躍できる場は
ムリしてでも作らないと。
新公やバウ、外ハコくらいですから(涙)

KYで、自分のことしか考えないトップのしたでも、
どうか腐らずに、頑張ってください!!
「源氏」が実現したら、娘役はもっと活躍できるから!!

退団作品。

いつからでしょう?

トップの退団作品が
「その人のために書かれてるかしら?」
と、しなくていい心配をするようになったのは。

20年前はね。
きちんとね、
面白いかどうかは別として、
そのトップへの思いを、
座付きの先生が、芝居やショーに
さりげなく盛り込んでくださった。
だから、観てるほうも、
そのときは寂しくても
何年かしたら「いい公演でしたね」といえたのです。

いまだに覚えてるカリンチョさん、イチロくん、
カナメさん、ユリちゃん、シメさん、ヤンさん、
とにかく、すべての退団公演に「愛」がありました。

だから、今、生田センセやサイトーセンセに
不信感をもってる自分がいやなんです。
座付き作家を信用してない、できない現状が。

これが、柴田先生なら「卒業」だけに専念できたんですけど。

蘭とむが笑顔でいられますように。

とむは犬。

「カナリア」チャーリーバージョン。

まだヅカ戻りした頃。
誰が誰だかわからない。

そんなとき観た「カナリア」(BY スカステ)

チャーリーとみどりでもっと観たかったなあとか
チャーリーの芝居は、
上手くはないけどなんかみてしまうよな、とか。
もっと踊ってたころの
あの足のあがり方はすごかった!!とか、
主にチャーリーに思いをはせて観てたんだけど、

なんかちんぴらがでてきて、
みどりをおどすシーンで、
「犬」がでてきて。

最初から最後までなんか「バウバウ」ゆうてた気がする。
「まあ!今の宝塚にこんなお役があるなんて!」

と、ある意味衝撃でした。

そしてその「犬」を演じていたのが

蘭寿とむ、でした。

なんかわからんけど、印象に残る子やなあ。

それがハリー作品で再び出会います。
「スカウト」

「犬」から立派な青年になり、
不条理な世界に巻きこまれる芝居をしっかりと演じていて、
「ああ、この人好きかも」

でも、以降スカステで蘭とむに出会うことはなく、
時間が過ぎたのでした。

続く~

心は蘭とむだから。

みりお源氏が盛り上がり嬉しい限りです。
観たい方は、劇団に「ハガキ」でリクエストしてみてください。

さて。
みりお氏祭りで気を紛らわせていましたが、
もうすぐ「絶滅危惧種」の男役が卒業します。
本当に寂しいです。

去年の月組「ベルばら」の特出で、アンドレでありながら
颯爽とマントをひるがえし、
これ以上ない「美しい笑顔」で、蘭とむは自分の前に現れました。

たった1年のファン期間でしたが、
その間に、どれだけ夢を彼女にみせてもらったことでしょう。

この先はしつこいくらい蘭とむ記事が多くなると思いますが、
ご容赦願います。

テルカルの赤いばら。

やったな。ポスター。
いままで、ヅカのポスターには思うことがあったが
今回は笑った。

「同じ作品を書かないのがボクの悪いクセ」(BY 植田シンジ)

だ、そうなので、
今度は薔薇を背負ったテルカルが宙吊りになるくらいは
あるのかしらと思っている。

というか、まともだった初演からのパート3まで以降は
植田センセの「乱心」もとい「作家魂の表れ」だと思うので、
「お笑いバージョンオスカル編」を書いていただきたいのだ。

いままで笑われることはあっても「笑わす気」で書いたことはなかったはず。
加えてテルは、前から書いてるけど芝居心はある人。
「シルバーローズクロニクル」から思っていたけど。
顔ネタで、ひとつ書いてあげたら良かったのに。

「タカスペ」の戦場カメラマンはマジで面白かった。
みりおんも芝居がうまいから、
この2人でコメディをやればいいのにとずっと思っていた。

「ベルばら」も「1と2を作ればいいのに。
ロザリーは若手にまかせて、オスカル1と2とか。
キタロウが2でもいいよ。

やたら役変わりせずに、
テルの面白さを見てあげて欲しい。

1「ワタシが愛してるのはフェルゼンだ」
2「ワタシの愛してるのはアンドレだ」
1「フェルゼンは顔が好みなんだ!」
2「アンドレのほうが優しいぞ!」
1「しかし毒入りワインをのませるようなやつはいやだ!」
2「毒入りワインをのませるくらいワタシを愛してるのだ!」

♪「あい~それはフェルゼン~
あい~それはアンドレ~
あい~それは迷うの~
あい~すごく困るの~
ああ どちらがいいのか~
あ~い~♪

「フランスに革命が起きたぞ!」

2人「フェルゼンは国に帰った」
1「アンドレだ!」
2「アンドレだ!」
1「小さい頃から、あまりに近くにいたから
良さがわからなかったのだな」
2「そうだ。理解したか。ではアンドレを呼べ」
1「お前はどうするのだ?」
2「ワタシはもう用はすんだ。アンドレと幸せになれ」
1「そうか。ワタシはやっと本当の自分を取り戻したんだな。
おっしゃ!アンドレ、アンドレ!!」

そして今宵一夜。

「風共」のパクリですが同じ植田センセですし。
ここはまあ「オスカル編」がもともと涼風さんのために書かれたんだから、
テルには存分にコメディセンスあふれる「ベルばら」を書いていただきたいと
思うのであります。

ゆうか、中日公演は映像だけですが面白そうです。
遠征費用があれば観たい!!

でもテルのコメディセンス、誰か見抜いてあげてほしいなあ~
絶対おもろいのに。
顔がきれいとかいいずぎですわ。

天海お茶会をみて。

約20年前。
あのときのトップで、一番人気は(多分)ユリちゃんでした。
しかし!とにかくユリちゃんイコール生意気、
という話をよく聞いたけど、どう生意気なのか、わからんかった。
そして短い間に、サッと、そのまま「ご優遇」で退団したイメージがあった。
そのため、ユリちゃんて好きにやってたのね。
と、思い続けてた20年。

けど!!
動画でお茶会を観たら。

かっこええな!!

「エールの残照」の時。
ファンとの写真撮影も、
「さっさと動いたら、そのぶんお話する時間ができるんですよ!」
と仕切ってて。でも言うことはもっともで。
あんな人数いたら、そりゃ時間だけすぎてもったいないよな。
正論です。

また、出待ちにしても22時以降禁止。
キチンとファンに自分の口から説明することがえらいよ。
若いお嬢さんが、22時以降、ムラあたりをうろついてたら
危ないよなあ~うんうん。

稽古してても気になるから。
その分、舞台を観て!!

をを~まともや。

あの頃は確かにカメラでバンバン舞台撮影してたんですよ。
そしたら、ユリちゃん、

「やめてください」

舞台から、よく観えてるからね。
あなたがしてる撮影で、集中できないんですよ。
わかる?やりにくいのよ?(つまり迷惑なんやね)
そのぶん、お茶会で、握手もするし、
写真もとるからね!って。

天海、媚びません。

「エールの残照」のラストで、ヨシコを背負って銀橋渡るの、
可哀想だって、谷センセに手紙きてるみたいですが、
「ムリなら、やりません!できるからやってるんです。
だから、舞台を観て泣いてください」

役者の言うコトですよ!

「爆竹拍手はしないで。
自然にしてもらえる拍手はうれしいけど、
あからさまな拍手は、ひきます」

天海をみる目がなくてすまん!!
あの頃、お茶会という存在を知り、
参加してたら、ヅカ人生かわってたかも。

そして、ここからは想像ですが、
ユリちゃんが否定してる話は、
ほとんど、以前からジェンヌ(というかファンクラブ)の間で
暗黙の了解になってるコトだなあと。
(今でも爆竹拍手聞くけど、40年前くらいなら
OKでも、今の時代はきついなあと、思うもん)
でも、それを20年前に「普通」の感覚で、
「辞めて欲しい」といってたのが天海やったんですね。
そりゃ、爆竹上等!という方や、
「ほかのジェンヌさんはOKなのにどーしてユリちゃんはダメなのよ!!」
と怒る人もいただろうし、
ヅカファンだけでなく、ヅカ内部でも「生意気だ!」と
思う人もいただろうな、と。
それが「天海生意気伝説」になったんかな、と。

確かにヅカファンには「当たり前」のコトは
普通の舞台では「ヒク」ことあるから。


そう思うと、ユリちゃんはあまりに「普通」の役者やったんかな?と。
多分「ヅカ」を経由したぶん、余計な荷物を背負った人やなあと。
でもユリちゃんに同感する部分が多く驚く私。

全然ジェンヌっぽくないのにね。

今の生徒さんは、トップでも
あんなにきちんと(言いたいコトでなく)まともなコトをいえる人は
いないのではなかろうか?
お茶会は、みっちゃんと蘭とむしかしらんが、
蘭とむの「遠慮考慮思慮配慮」すべて込みで、
語ってて、お茶会くらい好きに喋ればいいのに。
と、思ったけど、すぐもれるもんな。

(がんばれ蘭とむ!)

閉塞感と義務感にしばられた生徒さんのお茶会をみたら、
なんて「ええお茶会」なんやろうと、
天海の話を聞いて思いました。

「ワタシに写真を送ってくださいますが送りかえしてます。
とられるのがいやなんだって言ってますよね」

宝塚らしくはないかもしれないけど、
そして天海やから赦されたことかもしれないけど、
かっこいいお茶会やと、ワタシは思いました


ほかのお茶会あんまり知らないんで、すいません。

みりおがブーツを脱ぐとき。

ちょっと、みりお氏、
あなた、和物が似合うと言われてますよ!!

「春の雪」の三島文学の清さま!
ツンデレ日本男児が似合ってました。

蘭乃が退団したら、やりましょうよ!!
「源氏物語」
希望はみりおバージョンに直した柴田先生の作品で。
いや、ほかにあれくらい書ける作家さんがいるに越したことはありませんが。

「BASARA」は、今も思うけど、
ホンマは「みりおちゃん、花組組替えデビュー」作品にほかならず。
だったら、まんま彼女と蘭乃にやらせておいて、
「ザ・男役」の蘭とむや、退団発表を控えてたみーちゃんなんかは、
バウかドラマシティあたりで別の作品をしていただきたかったなあと
本気でもったいないと思うワタクシ。
(きっと星組ならやってたぞ、と拗ねてみる)

ひつこくかくけど「BASARA」は
学年を重ねた生徒がするものではないから。
(「悪く書かないで」と当時メールを書いてきた方。
人の批判だけ。だって自分もみてないのよ?
なのに人にはDVD購入して感想かけ!
といいながら、ワタチは観てないから買いましぇんて、
非常識だと思うんですよ。ワタシはスジの通らないコトには本気で怒ります)
実際みたら、ホンマに蘭とむもみーちゃんも可哀想。
みつるも酷使されてて。
全部みりお氏のためでしたよ。
でも、みりお氏なら、単体でも、キチンとできたと思うのです。

辛い!!

だからこそ。

制作には「エリザ」なんて歌えないシシィで上演して
「失笑」かうより、美しいみりお氏のために
ため息のでる日本モノの芝居を企画していただきたいです。

多分、似合うと思うんよな~

本当は蘭とむがいるときに
光源氏と柏木みたいに、
組んでいただきたかったんですが。
みーちゃんもいて、
だいもんはガンガン歌い、
一花ちゃんもいいなあ。
べーちゃん、ゆきちゃん、あまたの娘役。
末摘花なんか、タソちゃんでどうよ?

何気に妄想してしまいます。

ちなみ脚本はタモ時代のはダメです。

まあ、色々書きましたが、
ようは

明日海りおで「源氏物語」を観たい!
というお話でした。

プロレスから宝塚まで。

今、ヨシモトがトニー賞をとったスターさんを呼んで
興行してるんですよ。

コーイチはみた?
レベル、高いんですけど。
あなたの目指してる「トニー賞」って
「トニー谷賞」の間違いじゃないですか?
ねね様あたりにそろばんもたせて、
「あなたのお名前 なんつーの?」ソングを歌わせて、
踊ってたら受賞できると思ってらっしゃるんじゃないでしょうか?
新春理事対談で、
コーイチ&ミエコ先生、イシちゃんと、
去年のコーイチ1人喋りから3人トークに変更しましたが、
(しかも畳も上に椅子をおいて座る、無作法きわまりない対談)
これは劇団側の苦肉の策だと思いました。

相変わらず、3人とも(イシちゃんは、そうでもなかったですが)
100年つづいたのは先輩方のおかげ、で、切るんですよね~
何故、先輩方と、それを応援してきた「観客」のおかげといえないのかしら?

発想がないんや!

と100周年目に気づきました。

一三翁の時代から政治家さんが応援してくれてたら、
普通の客なんか「ヘ」でもないですよね。

考えを変えろ。

いつまでもあるともうな政治家と金。
いままで支援してきた政治家もいつ失脚するかわかりません。
そうなれば応援なんかしてる余裕ないですよ。

いつも通うお客さんこそ、大事にするほうが大切だと思います。
毎回書いてるけど。

政治家支援なんか「人脈のムダ」です。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。