喧嘩上等~コーイチ君~

「いやなら観に来なきゃいいじゃん」
と、いいつつ舌を出してる歌劇団のえらい人に
負けるのが悔しいので、

どんなのをトップにしようが、
観るのはやめません。


観にいかなくなれば、負けることになる。
そんなのは絶対いやだ。

というわけで。

チギちゃん、咲妃さん、トップ内定おめでとうございます。

まだ壮さんは「卒業」されてません。美しい引継ぎをしてくださいね。

雪組の伝統を、どうか壊さないで下さい。

ターコさん時代からの雪組ファンの願いです。
スポンサーサイト

松岡修造さま

ソチが終わったら、
本気で、宝塚にきてください。
そして、その暑苦しさ、もとい情熱を、
劇団経営にそそいでくれませんか?

少なくとも、あなたのいとこ殿よりは、
全然違うと思うんですよ!

どんな時代もファンはいる。

これからは、スターをみるだけで幸福な方々が
100周年以降のヅカを支えていくのかなあ、
いくんだなあ、いけばいいよ、
と思うようになりました。

なんか表があるから「裏」なのに
「裏」の事情が、なんとなくわかってしまうヅカに、
ああ、こういう気持ちがいやで、
人は離れていくんだな、と思うこのごろ。

しんどいですね。

私信:まこちゃんさま。ありがとうございます!!
   本当にこんな蘭とむが観たかったんです(涙)
   

喧嘩上等3人目~100周年祭り~

3人目。

コーイチ。
こいつが1番あかんやろ。


「いくら出せますか?」

これが音校面接できかれる最初の言葉だそうです。

もちろん学費以外ですよ。
これ聞いたときに、アカンと思いました。

「出す金次第ですよ」といわれたようなモンでしょ?

音校でコレです。
96期のイジメ裁判も起こるべくしておこった事件でしょう。

そして劇団に入れば入ったで、
「お金をつんだ生徒」が勝ち。

これで「まともな」作品を観られたほうが奇跡です。

劇団料金値上げのさいに
ワタシは料金に見合う作品があれば別にいい、
と書きました。

たとえば同じ再演でも、
年末、好評だった「merry widow」を花(月)組で
大劇場のオケでやります!!とくれば、
喜んでみにいくでしょう。

みりおのバージョンもみたいし、
月1のバージョンも、みたかったかもしれない。

柴田先生の「小さな花がひらいた」をやる!
ショーなら、大介氏以外の先生で、
鴨川作品のオマージュをやる!!

そんな演目なら、嬉しいとともに、コーイチが公に語ってるように、
いかに宝塚歌劇団が本当に積み上げてきた作品を大事にした
素晴らしいところであるかを、実感し、101年に期待を持てたことでしょう。

でもコーイチはうそつきです。
「万華鏡」に書いてることと正反対のことをやってます。
これが理事長でいる限り、本当に宝塚は
「お金持ちのお嬢さん」(良家の子女と違いますよ)の
お遊び劇団になっていくと思います。
このような経営で、いったい100周年以降、
どれだけのお客様が残っているか、思い知って欲しいです。

ヅカが海外作品だけになる日。

今月の歌劇の「夢・万華鏡」読む。
最初は業務報告だったこのコラムも、
いまではコーイチ氏の夢がかかれた、
すごい内容になってる。
今月号はNYにミュージカルを観劇。
それはいいとして、
「私が見た中で、何本か宝塚でできそうな作品があった」
とのこと。かねてより「トニー賞とりたい、テヘ」
と、壮大な夢の万華鏡をのぞいてるコーイチ氏である。

彼はこの先、作家を育てる気はないと思う。
なぜなら、海外ミュージカルに作家はいらないからだ。
むしろ、イケコ氏のように宝塚にあわせた演出ができる人を
大事にするだろう。
結果、宝塚から「オリジナル」作品は、本当に少なくなるだろうと
予測できる。書く場もないのに、作家が育つだろうか?

また生徒の個性も殺されてしまうだろう。
主な役は、いままでのヅカで上演されたミュージカルでも
わかるように、ほんの一握りの生徒にしか回ってこない。
そうなると、大半の生徒は「モブ」扱いである。
あれだけの人数をかかえていながら、
大半は、活躍できなくなってしまうのだ。

コーイチ氏が、夢みてることは、
一三翁から、代々受け継がれてきたことを、
根底から否定したものである。

「ドリドリ」のような公演を、100周年の時、活躍した生徒さんたちが
できる可能性は限りなく低い。
なぜなら、歌劇団の後継者自身が、いままでの伝統を放棄しようとしてるからである。

本当に誰かコーイチ氏をとめてくれないか
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR