スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムシンの言霊~「王家に捧ぐ歌」~

チャルさんの写真が買えました。

ヒロさんと並べてありがたく飾らせていただきます。

宙組2回目。

目を閉じて聴くと
まあクンの声がトウコちゃんに聴こえる。
似てますよね、2人。

なんかラダメスって良い人ですよね。

好きな女の子と一緒になりたいだけの普通の青年で。
で、そのアイーダが告げ口した罪をそのまま背負って
「生き埋め」にすすんでなるという。
受け身のヒーローでも5本指に入るくらい
「いい人」だと思いますよ(涙)
あんまり良い人すぎて好きになるのが申し訳ないくらい。

なので、自分はファラオにハマっています。

チャル・ファラオはいつも中心にいて、
歌っておられます。
家臣の願いをかなえてくれる
心の大きいファラオでございます。
時にブランコ?にのってお声をかけるファラオです。
もう、空中状態で芝居してるチャル・ファラオに
釘付けですよ。

マカゼ君に暗殺されるときも
真ん中にいるんです。

つまり毎回立ち位置がほとんど同じ(に見える)

真ん中で芝居を成立させるには
やはりそれなりの求心力がいると思います。
それを毎回こなしてるのがすごいなあと思うのです。

すごいなあ、と思うのは
キムシンのコトバ。

いや。

「すごい」「強い」

これを

「スゴツヨ」と略すセンスというか
発想こそ「スゴコワ」だなあと(すごいけど怖い)


繰り返す法則で成立させてる台詞ソングとか。

「私だ私だ」「ありえないありえない」「信じない信じない」

もう呪文ですよね。

これを聴いてるうちに
はまってる自分が怖い。
キムシン「スゴコワ」です。

あと、アムネリスに使われる
「~なさい」という命令形口調。
うららの言い方がツボ。

アイーダもラダメスに銀橋で
「~なさい」と、命令形になるトコがあるけど、
彼女のキャラじゃないなあと思った。
やはりアムネリスに似合う。

同じ王女の立場であっても
粗野な感じがあるのがアイーダの魅力でもあると思うので。
アムネリスは人に服従したことないし。

そんなことをつらつら考えながら観ていました。
スポンサーサイト

私はアムネリスのうららだから~王家に捧ぐ歌~

宙組観劇。

チャルさんのプロマイドが品切れだったんですが!!!
再販してください。


これだけは、忘れずに書きたかった。
ヒロさんとチャルさんがいて「王家に捧ぐ歌」だと思ってる。

さてさて。

朝夏まなとクン、トップおめでとうございます!!

声がきれい。
まあクン、とにかく声がいいなあというのが最近の感想。

「TOP HAT」のタップダンスも良かったし
いいトップさんになるだろうと思うし、そうなって欲しい。

みりおん、がんがん歌ったよ(涙)
良かった。
歌える人に機会がないのを観てるのは辛い。

マカゼ!!
マカゼ、カッコイイ。
めちゃカッコイイ!!

マカゼに「スゴイスゴイ」だと思った。
宙組の男子に足りない、
客席へのアピール力

刺激を受けて、周りもどんどんアピールしてきて欲しい。

印象に残ったのが
フィナーレで
マカゼ、あっきー、あい、りく、ずんの5人のシーン。

最初はまばらだった手拍子が
だんだんと大きくなっていったとき。
これでもか、という観客へのアピールが
手拍子に繋がったんだと思う。

他にも印象に残ってることがあるので
ぼちぼち書きたいが、

忘れちゃいけない、うらら様!!!

もう、はまり役だと思う。

「私はファラオの娘だから」から
怒涛のようにくりひろげられる、

うらら・アムネリス・ワールド!!!

彼女の歌をいろいろ言われてるのをみかけるし、
自分も作品によっては
「もう少し歌えたらなあ~」と正直感じるけど、
今回は違う。下手でもいい。

うららは、音域が狭いのかな?
歌いやすいときは、キチンと歌ってる。
そして高音部分は女官であったり
ラダメスとアイーダと一緒に歌うことで
すっきりさせてるんだけど。

そんな細かいことどーでもいいくらい

うらら、かっこよかった。

剣をふりかざして後ろにエジプト兵をしたがえてるシーンとか。

「アタクシがアムネリスですが、何か?」
みたいな感じがたまらんかった。

宙組って娘役さんが個性あって好きだ。

あと、伝令の兵士たち。
それぞれの言い方を聞くのも面白い。

とにかく観てよかった!!と思える作品。

噂の「スゴツヨ」ソング。
まさかの大階段でみりおんがセクスィに歌うのが
これまた面白かった。

また観ます!!

コメディを宙組で観られた!!~「TOP HAT」~

面白かったです「TOP HAT」

大阪の期間短いっス!!
東京うらやましいです!!

誰のファンとかでなく
舞台に立つ宙組子さんたちの台詞のやりとりに
声を出して笑って楽しんでる客席が温かかった。

まー君カイちゃんの息の合う芝居。
愛ちゃんの新境地。

みりおんは上手い。
でも彼女の上手さは相手をくってしまう。
そこが今の宝塚の娘役として、ソンしてるなあと思います。
上手いのはいいことなのに。
せーことみりおんの掛け合い。
「白夜の誓い」でも2人の掛け合いシーンがありましたが、
女同士のやりとりのほうがイキイキしてます。

まー君。
まだ踊りと台詞が乖離しててぎこちない感じがしたけど、
これは東京公演あたりだと良くなってるんやろなあ~と思います。

あと煙草の持ち方が。
あれは女の吸い方だと思うので
もう少し研究して欲しいです。
男役が喫煙するシーンも少なくなりましたが
ちょっとした仕草で印象は変わるもんです。

そして何よりスッシーさん!!

芝居の間がオモロイです。

フィナーレもガンガン踊ります。

最高でした。

宙組さんは団体の時に発揮する力がすごい。
タップシーンは圧巻。
とにかく下級生から中堅にいたるまで層が厚いです。
だからこそ、コメディのような芝居の「呼吸」や「間」を
大事にする分野が似合ってると思うのです。

これからの宙組が楽しみです。

続きを読む

軍服で卒業~おめでとうテル~

卒業おめでとうございます。

最初の頃は文句書いてた私ですが、
最後のグスタフは良かったと思いますし、
映像でみる、星組時代の役の数々は
レオン君と似合っていて好きでした。

ただ。

軍服卒業はちょっと違うと思います。

なんつうか
みんな制服きた卒業式に
1人だけワッカのドレス着て出席して
「みんな驚いた?」って言われても、
「はい(いろんな意味で)驚きました」

と、答えてしまうと思います。

「ベルばら」のオスカル、見られませんでしたが、
映像でみた(たぶん)オスカルのままで黒燕尾のダンス。
「こだわり」だと思うのですが
きっとこだわる「ポイント」が、
自分にはない感性なんだと思います(棒読み)

思い出の舞台の感想書きたいなあと思ってましたが
最後の軍服で、
何故彼女にモヤモヤしてたか、わかったのでやめときます。

東京公演も頑張ってください。

原石の集まり~宙組新公~

じわじわとテルのサヨナラを実感。
その熱の勢いで新人公演を観劇。

挨拶が良かった。

新公の長である風馬クン。
芝居も上手かったけど挨拶がしっかりしてる。
「宙組を見てほしい!!」という熱意が伝わって
じ~んとした。
また、グスタフを演じたずんの、
トップスター・凰稀かなめへの思いが、ひたむきで
「宙組子さんていいなあ」とホンマに思う。

新人公演らしい公演。これが今回全体の印象。

ずんは、歌える!!
初めは緊張感があったけど、物語がすすむにつれて、
感情が入ってきて、すごくいい芝居をしてた。

トップのサヨナラ公演は、新公ってやりにくいと個人的に思う。
実際テルのグスタフは「華やか」につきる。
「美しい」に説得力のある人で、
以前「顔面力」と書いたけど、美しさも舞台人の才能だと思う。
ずんは、演技と歌。
声がもう男役になってるから、力強い。
その力強い声で民衆を導く。
「この国を改革しよう」という若い国王にぴったりだった。

また、風馬クンのクランツも絵に描いたような悪役で
上手いなあと感心。
あ、親ロシア派で、クランツと共に来くるんとしたヒゲをつけて
芝居してた生徒さん(お名前わからずすいません)
ヒゲいじりが面白かったです。

リリホルンの留依 蒔世!!
この人の歌い方いいなあと思う。
本役同様、唐突な場面転換で、
感情の見せ方が難しいと思うけど、
よく演じてた。
ラスト前の銀橋の歌、良かったです。

ヤコブの和希そら。
芝居、上手い。
幼馴染みというより気のいい友達。
こちらも本役同様、感情表現が難しいのを
演技でカバーしてたと思う。
(どーして96期なんだ……いい味もってるんだから)

イザベルの遥羽らら。
声が好き。鈴の音みたいなスッと入る声。
キレイというより可愛い娘役さん。
エカテリーナの彩花 まり。
この人も目をひくきれいな娘役さん。
そしてグスタフの母、花咲 あいり。
この人も目を引く娘役さん。

宙組の若手って原石の集まりだと思う。
これからドンドン磨かれて、光るときが楽しみ。

でも、うらら嬢。
同期のみりおん役で。
なんつうか……下手やわ。
きちんと舞台ソデでも芝居してるし、
本人は頑張ってるんだと思う。

でも……歌はひどい。

たぶん自覚はしてると思う。
直せる音痴は直そう。
それしか言葉がないです。
うらら嬢は、本公演でもグスタフが
心を寄せる唯一の女性。おいしい役です。
ここで頑張らなければ、他の娘役に失礼かと思うのです。

今回の新公は、お手本を見ながらも
「自分たちで作り上げた」という感じが
客席に伝わるいい公演でした。

本公演も、また観たい!!
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。