スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE VOICE 雑感。

観れました。

楽しかった!
楽しかった!
めちゃ楽しかった!!

すまん。
私のボキャブラリーではこれしかいないッス。

プログラムの岡田先生のお言葉をお借りします。
「1人の声は小さく弱くとも、大勢が集まり、
力と心をひとつにすれば、その声は力強く、
大きなパワーになる」


このコトバどおりのコンサートやったんですよ。

もしもディナーショーやったら。
「北翔海莉」の魅力は堪能できても、
みっちゃんと組子が作り上げる力は体験できなかったと思う。
卒業してしまったら、もうみることができないのだから。

それならも少しでも多く、星組の組子と一緒に舞台にたつみっちゃんをみていたい。

コンサート形式にして正解だったと思います。

今は胸いっぱいで。
いろいろ書きたいけど、上手く書けない。

さやかさんが素敵やった。

今回、一番印象に残りました。

何故なんでしょう。

やはりみっちゃんと同期だからでしょうか。

みっちゃんの横にさやかさんがいて。
一緒に歌ってる。

それだけでも「ええもんみた」と思いました、はい。

また頭が冷えた頃に書きたいです。
スポンサーサイト

妃海 風ちゃんに「ミュージックサロン」を!!

いやはや。

みっちゃん卒業発表で、宝塚どーでもええわ状態なんです。

でも。

バウのあのチケットサイトの値段はなんですか????

しかもライブビューイングもなし???

劇団も「予定なし」だそーです。

じゃあ!!

せめて。
妃海 風ちゃんのミュージックサロンやって欲しい。

「記憶に残る」コンビは風ちゃんの存在なくしてはありえなかった。

せめて彼女の歌声を。

今の星組トップコンビに劇団は冷たすぎじゃないか?

前の記事に「劇団」なんて書いた自分が恥ずかしい。
お金払ってみてる客なのに、なんで媚なアカンのよ。

つまりは。
お客さまからお金をいただいてることをキチンと理解できてる人を。
努力して汗を流す人が「バカ」にしとるんやろうなあと思う。

悔しい。悔しい。悔しい

観たい。

「LOVE&DREAM」千秋楽観劇。

もってかれたわ、魂。

ディズニーコーナーは自分はピンとこないんで
宝塚コーナーで。

「白い花がほほえむ」良かった。
「エスカイヤガールズ」可愛かった。

今回は娘役さんが上手い人が多いですね。
かいちゃんの「うたかたの恋」でマリーをされてた方。
きれいな声で、素敵でした。
(名前でてこなくてすんません)

娘役さん大活躍は、本気で嬉しい。

あと、リナ!!2メートル30センチ!!の大女。
つうか、みっちゃんは宝塚のきみまろですね。
今日も突っ込みがさえてました。
小桜ほのかさんの名前も覚えました!!

でも。
「シナーマン」に全部もっていかれたッス。

マママ~の間に、歴代の方々は「ふう」って
1度タメをつくるんですが
ホクショーソールは、それがないんですわ。
ずっと緊張感を保ったまんま、ラストの
「サンバ!!」までひっぱるんですわ。

もう素晴らしいとしかいえない。

安奈ソール以降、やっと、
「歌える」ソールがでてきたんです


観たい。

もうめちゃみたい。

いや。

「ノバボサノバ」って宝塚作品で
唯一再演がくりかえされてる「オリジナル」のショーなんです。
オリジナルなんです。
宝塚にしかないんです。


100周年に見事にスルーされましたが、
鴨川清作先生の作品を
どうか、大事にしてください。

お願いします。

そして星組のみなさん、お疲れ様でした。

「ノバ ボサ ノバ」~劇団様にお願いしてみる~

今年は初めての宝塚観劇は「LOVE&DREAM」でした。

このショーの根底を否定するけど、
あんまり宝塚とディズニーって相性良くないなあと思った。
つうか、CDがすごく良かったんで、
音だけで十分です。

それより2部の宝塚!!

ごらんになりました????

「シナーマン」(アディウス・カーナバル)
これに全部、もっていかれました。

劇団様にお願いします。

北翔海莉にソールをやらせてください!!!!

みっちゃん就任時にみたい役として
「ミー&マイガール」のビルと
「ノバボサノバ」のソールの2つがありまして。

「ノバ~」は好き嫌いあると思います。

でも。

今、この人がトップであるうちに。

やるべきです!!!!

星組で、もうやりました。

そんなことわかってる。
オーディションすればいい。むしろ、歌えない組子より
歌える生徒を集めて欲しい。

合同公演がしたらええがな。

前例はやぶるためにある。
新しい記録はつくればいい。

スータン、オトミと違う、新しいソールが観られると思いますよ。
(チャッチーさんもサヨナラでやられましたが)
真琴さんも轟さんも頑張ってたけど。
違う。

で、演出は。
鴨川先生は、確かに「ノバボサノバは誰でも演出できる」と
おっしゃってましたが。
草野先生はだめです。
大介センセもいりません。

きちんと緞帳を半分までおろし、
再度、幕をあけ、
全員が総踊りの中、幕がしまり、
フィナーレはなし。

これをキチンと再現したら、
必ずすごいものが観られると断言します。

八百屋舞台はしんどいし、生徒が可哀想とか。
もう、そんな糞みたいな言い訳もいりません。

宝塚が「歌える」ショーを上演できることを、
今、北翔海莉ならば、
可能にできると思うのです。

お願いします。

スカイ=大地真央で、オベディア=北翔海莉。

「本名」

それを初めてうちあけるスカイ。

「オベディア」

それは「素直」という意味らしい。

打ち明ける前のみっちゃんスカイは
初めてコクる中学生の男の子みたいな、
もう生きるか死ぬか、みたいな真剣な顔して
銀橋にいるわけで。

とてもギャンブラーでヤクザで、モテモテな色男に見えない。

だけど純朴な青年だったから、
あのラストにストンと収まっても違和感を感じなかった。

確かにスカイは立ってるだけでカッコイイ人だろう。
それは大地真央が証明した。

(感想記事で「江戸前スカイ」と書いてらしたのを読んだけど
「江戸前巻き舌」でキップがよかったのは大地のほうだ)

純朴で、素直な青年。

北翔スカイ。
それでいいんじゃないかなあ。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。