スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男役・蘭寿とむ」の死、そして再生。

「ご贔屓の卒業はファンにとっては死と同じです」
という、好きなブロガーさんの言葉をお借りした。

「失恋」なんていう言葉は使わないで欲しい。

なぜなら、もう「宝塚」で蘭とむの男役は「観ることがない」からだ。
次の花組公演に彼女はいない。

これはじゅうぶん「死」に価する。
しかし、それは生きる物に対する「死」という
「ネガティブ」な意味でなく、
「宝塚の男役」という、独特の空間でしか、
存在しえない人物が、その場所から去ることを言うのであり、
決して哀しいことではない。
本当に哀しいのは、彼女「蘭寿とむ」が忘れられてしまうことである。

だけど「男役・蘭寿とむ」にその心配はない。
それは、彼女を語る劇団関係者や、
タカラジェンヌさん、組子さんたちの言葉に表れている。

「蘭寿とむ」という存在は永遠に消えない。
タカラジェンヌにとって、これほどの幸せがあるだろうか?

人柄の良さばかりが語られがちで、
人柄しかええとこないんかい!
と、意地悪い自分は突っ込んでしまうので、
演技の面での彼女を評価したい。
(上から目線ですんません)

スカステでの「蘭寿祭り」で、トークをずっと聞いた。
今まで「語る蘭とむ」はじっくり観たことなかったから、
新鮮だった。

この人にはファン時代があって、その時代を大切にしていること。

「バトラーは究極の男役だから、やってみたい」
と、公言してたこと。これが実現してたら、
イシちゃんに負けないバトラーが観られただろうと思った。

柴田作品が本当に好きだったこと。

「バレンシアの熱い花」「小さな花が開いた」
よりは、新公で演じていた「琥珀色の雨にぬれて」のクロードが
本当に似合ってた。こちらを再演しても良かったのではないかと思う。

彼女は理論的に役作りする人で、
納得いかないと、演じることが上手くいかないタイプ。
ゆえに、出来不出来の差はあるが、
学年があがり「経験」をつむことで「力技」を使える役者になったこと。
「サンテ」が良い例だと思う。
どう理詰めで考えても、とっちらかった構成の台本で、
よくぞ頑張ったと思う。

初日で100%の力を出してるとするなら、
楽日には120%にして観せることの出来る役者。
それが蘭寿とむだと思う。

残念なことに個人的には宙組時代のほうが、
色々な役が観られたけれど、
トップになってからは「オーシャンズ11」以外
役の引き出しがあまりに少ない作品にあたってしまい、
「演技」ののびしろが半端な形でとまってしまい、
最終的に「力技でねじ伏せる」のが多かったのが、
もったいない。もちろん、この「力技」が出来たことにより、
彼女が、舞台の道にすすむのであれば、
それは、この上ない武器となると思う。

「男役」として、究極を極めていながら、
それを前面的に発揮する作品には、出会えていないながら、
「最後の大君」では、登場しただけで、
背中で「男役」を漂わせたといわしめた、
蘭寿の努力のものすごさに、ワタシは敬服する。

彼女は器用ではないが、一度役にハマれば、
素晴らしい舞台をみせることの出来る役者である。
「くらわんか」は、その成功例だと思う。

彼女は、ファン時代を大切にしていて、
だからこそ、どうすれば観客が喜ぶかを考えていたし、
そのポイントを知る人だった。
襟の開け具合い、視線の運び方、台詞のいいまわし。
ファン時代があって、受験する生徒さんは他にもいるが、
「入団」で、そのことを忘れてしまってる人のほうが多く感じる。
「入団」してからがスタートなんですが。

個人的に嬉しかったのは、マヤミキの言葉を
いつまでも忘れないでいてくれたこと。
ワタシはマヤミキ卒業で、宝塚から離れていったけれど、
その間に蘭寿とむは、確実に経験をつんでいったのだな、と
嬉しくなった。伝統は花で受け継がれたんだな、と。

「男役・蘭寿とむ」は「死」。

表現者・蘭寿とむとして、歩むのかはわからないけれど、
宝塚では中途にとまった役への「のびしろ」は
まだまだあるので、ご本人がヤル気があれば、
ぜひとも舞台の上で活躍して欲しい。

それは「蘭寿とむ」の「再生」でもある。

「男役・蘭寿とむ」へ。
たくさん楽しませてくれてありがとう!
あなたの舞台が観られて良かったです。
スポンサーサイト

「カチューシャ物語」と「復活」~蘭寿とむ~

「カチューシャ物語」は、その昔、
春日野八千代さんで上演されました。
脚本は、菊田一夫先生です。
音源をいただいたので、
聴きました。

「復活」よりよかった。

石田株急下落のワタクシなんですが、
「センチュリーなんとか」といい(もう覚える気なし)
100周年の作品を、この人に書かせる劇団がわからない。
いや、100周年でなくても、
ヅカをバカにしてる人を劇団に在団させておく意味がわからない。
本気でわからない。
大野くんを辞めさせるなら、
こいつを辞めさせろよ。
本気で思う。

「カチューシャ物語」は
「復活」でランノお嬢様がやってた役を
那智わたるさんが、おやりになってます。

すいません。
比べることが失礼ですね。

蘭とむのネフリュードフ。
菊田先生の台詞はトルストイの宗教観を
ズバッと書いてました。
そしてこれこそ、この話の本質で、
確か蘭とむ自身も「宗教観が違うから難しい」みたいな
役作りのコトを話してた記憶があります。

「2人で幸せになることがつぐないなんだ」

「あなたはわかっらっしゃらないのね」

そう。
「無償の愛」を、ささげることで、
カチューシャへの罪悪感を、己の贖罪にした彼のおこないを
カチューシャは見抜いて、諭すのであります。
本来は「贖罪」の意味を、問う物語で、

「恋はメインディッシュ~」
とかいう、おかしな話ではなく。
また、ランノの貧相な身体をまさぐり
「身体は世界旅行してるんだな」
などという、バカ丸出しの台詞を聞くための
お話ではないのです。

盛り上がりドコロがないので
花組子たちは、「ジャムの歌」で遊んでましたが、
彼女らだって、まともな芝居もしたかったろうに、と
本気で思いました。

「復活」。
これがまだ、カチューシャがみりおんであれば(新公はみりおん)
少しは我慢もできたのですが、
本当に本当に、残念。

蘭とむのトップ時代の作品を、アレコレ語ろうとすると、
つい指がとまるのです。

今年のおとめにやりたい役が具体的に書かれていました。
「大恋愛モノ!!!!!!」ではありません。
「川霧の橋」です。
「大恋愛モノ」……くりえいたあ・けいこの自己満作品でなく。
柴田作品で「卒業」させられなかったのか?

ワタシも彼女の日本物が観たかったので、
最後に、意思の強い彼女が残した言葉に、
「何故彼女がダメなんだ?」という思いでいっぱいです。
しかしながら「川霧の橋」は彼女で観たいものではないです。
ごめんなさい。

柴田先生が「当て書き」した蘭寿とむ作品が
本気で観たかったです、はい。

「復活」をつぶしてでも、柴田作品ができなかったのでしょうか?
少なくとも、上演する価値は、雲泥の差なんですが。

蘭寿とむが好きな理由。

ワタシね、思ったんですよ、

もうサヨナラまっ最中の蘭とむですが、
何故に、彼女はヅカファンから好かれるのか?

ワタクシはファンでありながら、
結構、彼女の発言は、

「普通」だと思ってる。

それが、
「いや、蘭とむ、めちゃええことゆうてはるわ」

と、なる傾向があると思うんですね。

上級生を尊敬し、
宝塚への感謝を必ず忘れない。
相手役はもちろん、花組への愛を語ることも忘れない。

「1番」優等生は間違いありません。

彼女が100周年の式典に、いるといなかったっとでは、
かなり違いがあったと思います。

「春日野先生がおられたら」

本来はイシちゃんクラスが言うべきことを
きちんと彼女がフォローしてたように思ったし、
東京の初日でも「夢の祭典」に触れて、
いかに宝塚が素晴らしいかを語っていました。

本当に惜しい人材です!!

そして、ワタシみたいな宝塚バカが、どーして
蘭とむを「過剰」に賛美するかといえば、
思えば、昔のスターさんは

「ほとんどが、当たり前のように言ってた」

そんな言葉を、蘭とむは忘れずに受け継いでいるからだと
思いいたったわけです。

もちろん、彼女のダンスであったり、
男役として「絶滅危惧」とまで言われてる
極めた芸は、大好きだし本当にトップにふさわしいです。

しかし、蘭寿とむが評価されてるのは、
昔からのトップさんが口にしてた宝塚とお客様、
そして組子さんへの愛情を常に忘れてないからじゃないかな、と
今日(何故か今日・笑)思い当たった次第です。

もちろん「あちゃ」な言葉もあります。
えりたんが雪トップ内定になったときは、
まだ音月さんはいたハズだったので、
軽率ではなかったかな、と。
やはり音月ファンからすれば面白くなかったと思います。

しかし。
思えば、まともな言葉で挨拶できるトップさん、
本当に少ないじゃないですか。

何回でも書きますが「いたぶる」だの「ドエスの精神」だの
家で言ってればいいのに、わざわざ舞台で使う
はしたない言葉使いの月トップ。
「きゃー本物のロミオ」と赤くなってる星トップ娘さん。
もう舞台では「声」すら出なくなってる花娘トップ。

トップスターで、これだけ不作が揃ったのも珍しいです。
また「可愛いから言うな!」と怒る方がでてきた時点で、
本当に「宝塚」のファン層も変わったんだなあと
痛感した次第です。

これからトップになる人は、まずまともな挨拶から
勉強しないといけないようになった、と思います。

やはり上級生は、愛称で公に呼ぶべきじゃないと思うし、
(舞台挨拶の時はキチンと芸名で言うべき)
今まで、そうして「守られて」きたのが
「宝塚」というブランドだったのです。

地元のヤンキーみたいな子がトップになった時点で、
(ヤンキーも絶滅危惧種ですが)
やはり、改革をしたほうがいいと痛感しました。

「添乗員SOの82期ツアー」(グラフ2002年)

えりたんが、82期を紹介したコーナーです。

12年前でございます。

自分は「同期」を愛をもって語る歴代ジェンヌさんの
こういうコーナーが好きです。
たしかすずみんも、書いてなかったかな?
82期は文才のある方が多かったんでしょうか?

えりたんが、蘭とむを書く姿が微笑ましいというか、
簡単に書くと、すごく「ええ話」なんで、
差し支えない程度にご紹介します。

~音校時代~

「まゆはわりと派手に失敗をやらかす。
 テレビカメラの回ってるときに登校してきて、
 蝶ネクタイを忘れたのをばっちりとられて
 しっかり怒られた」

そうか!あの蘭とむも忘れ物するのか!

「修学旅行で校章を忘れたまゆ。
 どうしてこの人は、大事なときに何かをしてしまうのだろう」

へええ、意外です!

「結局集合写真は全員が校章を隠して写しました」

ええ話やないか(おばちゃん、泣く)
えりたんも「麗しい同期愛」と書いてます(笑)

掃除分担では、まゆさんグループは「女子高ライフ」のような集まり。
えりたんグループは、すずみんを筆頭に宴会に力を注いでおられたとか。

~入団後~

「首席のまゆは、とにかく怒られた。
 自分の失敗も、同期の分も怒られて、注意が終わったときには
 ふらふらだった。しかしギリギリまで怒られてるから、
 化粧は人一倍早くなった」

そうなんや~

「まゆも私も落ち込みやすいキャラなので、
 どちらからがへこんでるとさりげなく(ココはポイント)
 「気にすんな」と言うのがお約束だった」

かっこええなああ~

「ハウ トゥ サクシード」の公演中は2人で、大道具に隠れて声を殺して泣いていた。

ええ!!すまん!
ワタシは「マヤミキかっこええ~」なんて思いながら大劇場で楽しんでました。
泣いてたのか!!とむえり!!

「音校の頃は接点がほとんどなかったけど、
 花組になってから色々話し合うようになった。
 まゆは成績が良くて、私は足元にも及ばないけど、
 2人で初めて銀橋を渡る男役のメンバーに入ったのが、
 「スナイパー」での警備員の役。本当に毎日毎日楽しかった」

ワタシはマヤミキのサヨナラのことで、いっぱいでしたが、
彼女らは、あのときのショーで活躍してたんですね。
胸熱です。

「常に一緒にいたりすることもなくなったけど、
 つまずきそうになると、手をさしのべてくれるのはまゆだった」
「予科の頃から、人一倍苦労したぶん、人一倍よく気がついて
 いろんなことを経験したぶん、受け入れてくれる懐も大きくてすごくあったかい」

蘭とむが花組で「トップ就任」のさい、2人の中で色々あったと聴いたし、
そりゃ、あっただろうと思う。
ただ、ワタシは、えりたんの「正直でまっすぐなところ」が好きだし、
気苦労を背負うけれど、基本的にメンタルはアスリート並みに強いと思う蘭とむだ。
(あんな相手役をずっと引き受けただけでも、それはわかる人にはわかる)
直接聞いてこそないけど、
確執があったとしても、もうキレイにこの2人は水に流してる気がする。
だって、観てたら思いませんか?
どちらも「ねちねちタイプ」には見えないじゃないですか。
そして、この言葉が何よりだと思います。

「私たち82期のパパは誰からも好かれる良いやつだ。これからもよろしくね」

この2人が、共に去っていくことが今は本当に寂しいですが、
卒業は笑って見送りたいです。
また、蘭とむ語りをします。

最後の大君~蘭とむの歌唱力~

コメントいただいて、改めて書いてみることにしました。

蘭とむは決して歌はうまいと思いません(苦笑)

「ファントム」をみたらおわかりかと思いますが、
歌詞が途切れ途切れになり、聴いててしんどくなります。

しかし、彼女は声が独特だと思います。

特にショーでラテン系の歌を歌わせると、
ものすごくはまるんですね。
「コンガ!」は、その良い例ではないでしょうか?

要は、得意なジャンルだと「上手く」聞かせることができる人。
蘭とむのテクニックだと思います。

今回のショーでも「灼熱の太陽」は、
彼女の持ち歌かのようです(笑)

好き嫌いはあるかと思いますが、
歌の上手い下手は、そこに「心をこめているか」?
というのもあると思います。

ちなみに冗談でなく、
ワタシは蘭とむに「アンパンマンのうた」を
歌って欲しいんですよ。
まっすぐな歌い方は、すごくはまると思います。

しかし、蘭とむの熱唱を聴けるのもあと少し。
寂しいです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。