スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ショー」ちゃんほど素敵な商売はない~ライブの感想~

なんか。めちゃ久しぶりに書きます。

ホクショーさん退団してから、力ぬけたんですわ。
舞台はみてたけど、今はいろんなブロガーさんが
たくさん書いてはるし、自分書いてもなんかおもろない。

んな感じでしたが。
ボケたときのために、こんな舞台みた!つう、感想は書いとこうと。

で、今回は。

ショーちゃん、イーちゃんのライブの話。

「お帰りなさい、イーちゃん!!」

以前もマグノリアコンサートの記事書いたけど、
私、寿ひずるさんの歌声が好きなんです。

そこへ、我らがショーちゃんとライブすると知り駆けつけました。

記憶危ないんで、間違いあったらすんません。

オープニング
「青きドナウの岸辺」

イーちゃんの美声が響きわたりました!!

「愛あればこそ」

出た!初代オスカル、榛名由梨!!!
ショーちゃんイーちゃんのデュエットです。

「夜明けの序曲」
イーちゃん、宝塚できちんとサヨナラできなかったことを
悔やんでおられて。
この曲を歌えてよかったと涙。

なんか、タカラジェンヌは、ムラでキチンと卒業したいやろうし、
して欲しい。事情はあるやろうけど。
「さすらいのレクイエム」
ええ声やわ。そして上手いわ。

でも!!
1番のツボは
「闇が広がる」
ショーちゃトート、イーちゃんルドルフ!!!!

まさか聞けると思わんかった。
ショーちゃんのトートやで?
私はみたいわ。
ルドルフがイーちゃんやねん。
はあああああ。
雪2番手の時なら、ぴったりじゃないですか!!!

めちゃテンションあがったわ。

あがったテンションのまま、
ライブは進みます。

「ジュテーム」を歌うショーちゃん。

なつめさんの声でインプットされてる曲やけど、
ショーちゃんが歌うのも良かった。

あと。
「甘いささやき」
~パローレパローレパローレ♪~の歌。

これ、ショーちゃんはささやき担当で、
イーちゃんが歌。
ここでアクシデント。
イーちゃん、歌詞忘れ。

………
「もう1回お願いします!!!」


おお、貴重!!
まさかのパローレ、2連チャン。

歌詞とんだイーちゃんがめちゃあわててらして。
確認してる間のつなぎをショーちゃんが。

「歌詞忘れるくらいええやん。
最近の子みたいにシレッと間違わずに歌えても
歌に心がないとアカンわ~」

さて、2回目。

完璧。
さすが。

まだまだ続き。

「ナイト&デイ」ではショーちゃんノリノリ♪

「でも踊りはもうしんどい」そうです。

ラストは美空ひばりさんから。
「愛燦燦」をショーちゃん。
「終わりなき旅」をイーちゃん。

~終わりなき この旅を 歌で貫かん~

拍手喝采。

アンコール「サヨナラ宝塚」
鴨川先生作詞。
~たそがれ染めた~♪
またもやイーちゃん、涙で歌えず。

なんか、全然しらんけど、
まるで何十年もおっかけてきたファンのように

「イーちゃん頑張って!!」と応援してしまった。

「宝塚に帰る」

そう、トークでおっしゃってたんですが。

ああ、宝塚ええなあ。
帰る場所があるって、幸せやなあ。

そう思いました。

ショーちゃん、終始ニコニコ。

私、すごいなあと思ったのは
ライブの始めと終わりを下級生のイーちゃんが歌ったこと。

結構、上級生とライブをやったら、
優先順位も当然上級生が、おいしいとこもってくけど。
ショーちゃん、すごい。

「イーちゃんと歌ったら私も上手く聞こえるでしょ?」

これ、さらっと言うてはるけど、
プライドだけ高いようなトップにはいえないことやと思うんです。
いえるショーちゃんがかっこええなあと思いました。

でも、最後に笑わせてもらったのは。
アンコール後も、お客様がなかなか帰らず、
ショーちゃんが出てきて。

「もう今日は終わりよ。
アンコールゆうたら1曲でしょ(笑)
もう私、体力残ってへんわ~」

「ああ、しんど」

こんなコトバが似合うのもショーちゃんのキャラあればこそ。

温かいライブでした。

そして、寿ひずる様!
お帰りなさい。
その歌声は本当に貴重だと思います。
もっともっと。
宝塚をしらない人にも、イーちゃんの歌が伝わりますように。
スポンサーサイト

感じるもの。

星組発表みてきました。

さやかさん!!!

男も女もできる歌える専科として活躍されるもんやと
思い込んでたさ~

でも。
「ONE VOICE」の感想で、私自身、
やたら、理由もわからず、さやかさんが良かったと書いてるから、
見ていて、何か感じるもんが出たはったかなあ。
とにかく、みっちゃんより、気になってたんですわ。

まさか、卒業するからだとは……

何か宝塚の舞台、何回もみてたらありませんか?
この生徒さん、何かあるんじゃないかな、と思ってたら
組替えやったとか。
卒業やったとか。

よくも悪くも、舞台は役者のメンタルがめちゃくちゃ出ます!!

さやかさん。
「ロミオとジュリエット」の乳母と
「1789」のルイ16世は、頭の中のイメージとがっちりピースがあった
素晴らしい演技でした。

最後まで、応援しております。

タイトル

こないだ雪組みてきたんですけど。

なんか、騒がれてるほど面白くなくて。
周りがチケ難チケ難て、騒いでるけど。
ちょっとまて。
おちつけ。

そんなに「るろうに剣心」の宝塚版、良い?
私、宙組の銀英伝のほうが好きです。
あちらは、脚本に手をいれてないから。

でも剣心は、小池先生が脚本書いたんですよね?

世界観が悪い方向に違ってて。
なんかムリ。
眠かった。

こんなまやかしの人気に底上げされてる雪組が苦手だ。

話を少しもどして。
「星逢一夜」
タイトルが良いですよね。

これが
「農民一揆・ハルオキの野望」だったら、あんなに盛りあがったでしょうか・

「農民みた?」
「みたみた!!ちぎみゆ、ちょー可愛い!!」
「農民だいもん、切ないよね~」
「泣いた泣いた!!農民一揆は泣けたわ~」

宝塚では何がおこったんだろうと思われるでしょうね。

「センはあんたをよう殺セン!チェケラッチョ!!」
私、あの作品の台詞で好きなのが、このインをふんだとこ。
上田先生も、何を思っていきなり
「あんた」におきかえてラップ調の台詞にしたんでしょうね。
それまでは、センは自分のことセンとは言ってないのに。

チェケラッチョな気持ちだったのでしょうか。

どーでもいいですけど。

「るろうに剣心」
とりあえず剣心と加納のラブストーリーと思えば
それなりに楽しいです。

私はまだ歌う~安奈淳コンサート~

久しぶりに安奈さんの歌を聞きに行きました。

もうもうもう!!!!

1曲目から
「愛の宝石」!!!!!!

いきなり涙腺崩壊ッス。

油断してたら、

「アマールアマール」

うわっ!!「ノバ」きた!!と思ったら

まさかの

「シナーマン」!!!!!

もう思い残すことないかも。

レコード以外では動画で何回みたであろう、
安奈ソール。

どんだけかっこよかったか。

「歳とって歌うとしんどい」、とおっしゃってましたが。

いえいえいえ。

素晴らしかったです。

他にも
「愛あればこそ」
「あかねさす紫の花」
「夢人」
と、宝塚ソングが続きました。

それから、
「シクラメンのかほり」
ここで歌詞がでてこなくて
歌いながら~♪忘れた~♪
みたいなことおっしゃって、歌いなおし。
それでも、同じとこでとまってしまうと、
客席から歌詞を教えるハプニングも。

ジャック・ブレルの歌を続けたあと、
「これまでの失敗は水に流して」と、
上手いこと繋げて
「水に流して」を歌われ、
「愛の賛歌」でしめくくられました。

(記憶違いやったらすいません)

コトバにならんですよ。

こないだみっちゃんの「シナーマン」で
魂もっていかれたのに。
安奈ソールで、まさか聴けるなんて、
本当に幸せすぎます。

歌は。
OGのコンサートに、ちょくちょくいかせていただいてますが。
宝塚の歌を歌えるのは、タカラジェンヌだけなんですよね。

うまいこといえないけど。

誰かが歌うのをやめてしまったら、
その曲は、永遠に聴くことができなくなる。

宝塚には、そんな名曲が眠ってると思います。

シナーマンはニーナ・シモンの曲なので
オリジナルではありませんが。
訳詩が秀逸だと思います。

殿堂に鴨川先生のブースがあり、
そこに「シナーマン」の歌詞を書いた紙が展示されています。
何回も、何回も書き直された歌詞。

「どこへいくんだ」というフレーズだけが
何箇所も書かれていたのが印象的でした。

つまりは。

歌いついでくださるOGさんはありがたいなあと。

そして、現役の生徒さんが、さらに歌い繋いでいくんだと。

それで100年続いてきたんだわと。

話を戻して。

「麗人2」のCDの話になりまして。
安奈さんは「黄昏のビギン」を歌われています。
これもめちゃええ曲です。

水原弘さんを参考にされたそうですが、
自分はちあきなおみさんとダブるんですね。
ご本人は「ちあきさんはすごい」っておっしゃってましたが、
憑依タイプの歌い手さんだわ、と。
私、それを聞いて「ああ。安奈さんて俯瞰タイプで歌ってるのか~」と
勝手に解釈してました。

歌詞そのものが、その人にのりうつるような
歌い手さんだと思ってたんですよ。
「夢人」がわかりやすいかな。

他のタカラジェンヌさんは淡々と歌ってるんですけど、
安奈バージョンて怖いんです。

「夢人は みてはならない夢をみる」

ここ、こぶしきいてるんですね。
なんか悪夢と闘う人の話のような、
そんな曲だと解釈しながら聞いてるんです。

「夢をつくってみませんか」

本来は誘いかけるような歌詞なんですが、
安奈バージョンだと、
「もうみることのない夢との別れの歌」
そう思えるんですよ。

そして、私はそういう「夢人」が好きだし、
いい歌だと思うのです。

憑依タイプとは違いますが
歌詞から、かなり面白い世界観を提示してくれるのが
安奈淳という人だと思います。

「貴婦人」も歌われましたが。
毎回、違います。

今回は、売られていく絵を買い戻すわ!!!」と叫ぶくだり。
老女の姿が浮かんできて、胸がしめつけられるようでした。

ちあきなおみの話からかなり脱線しました。
すんません。
安奈さんとちあきさん、似てる気がするっていいたかっただけなんです。

まだ、歌いたい。

このひとことはすごく嬉しかったです。

「黒いワシ」も聴いてみたいし、
宝塚ソングも、もっともっと
聴いてみたい。

たくさんの歌が聴けますように。

安奈さん、ありがとうございました。

まさに帰ってきた人・寿ひずる~逸翁コンサート~

寿ひずるの歌が好きだ。
(なんかイーちゃんさんとか簡単に呼べない)

ターコさん時代の2番手は、私の中では寿さん。

「花の舞拍子」という曲がある。
酒井先生の日本もの、
また、歴史に残る宝塚ソングの1曲だと思ってるんですが。

「はるは はかなき ひとよの夢なれど」

ここ。
「はるは はかなき」で他の方は「はるは」で一度きる。
寿さんだけは、切らないで歌うんです。
(専門用語とか知らなくてすまんです)

「春ははかなき 一夜の夢なれど」

きちんと歌詞が伝わるんですね。

のびやか。
さらに艶がある。
「花の舞拍子」に限らず
寿さんの声は色気がある。

この歌声を生で聴くことはかなわないと思っていました。

しかし。

聴くことができました!!!!

「愛の宝石」にはじまり、
「我が愛は山の彼方に」へ。

もう。
上手い方の歌を聴いてるときは
何も考えられないですね。

ただただ、長年の夢がかなったことが嬉しくて。
しかも、変わらない歌声が素晴らしくて、
泣くしかできませんでした。

おしゃべりする寿さんも初めてみるわけで。
面白い方でした。
ヴァイオリンの土屋さんや
ピアノの広田さんと話す、くだけた寿さん。

土屋さんが演奏されてるバイオリンが5弦でして。
演奏中、変わった弾きかたするなあと思ってたら
バイオリンのほうが珍しかったんですね。

寿さんの歌で、さらに好きになったのが
「愛!」

そうです!!スータンさんの「愛!」です。

しかもおっしゃるには
「ずっと歌いたくてあたためていた」って。

ほら。
「これはこの生徒さんにはムリやん?」
と思うにもかかわらず100周年に鴨川ソングの
「愛におののく花」をものすごいアレンジで聴かされたので。
そこに
尊敬の念や先輩への思いは感じませんでした。

でも。
寿さんは違いました。

スータンさんは、独特のリズムの取り方をされます。
「愛!」も、いままでスータンさん以外の生徒さんが
「自分のスタイル」で歌われてきましたが、
おんなじとこでアクセントつけていたのは寿さんでした。

こういうのを聴くと
「歌わせていただきます」というコトバに偽りはなく
謙虚な気持ちがバンバン伝わってきて。

「ああ、宝塚の曲が歌い継がれていってるんだなあ」と、
ファンとしては、本当に嬉しいのであります。

また、美空ひばりさんが好きな寿さんが
ひばりさんバージョンの歌詞で
「虹の彼方に」「LOVE」を歌われたのも嬉しかったし、
何よりアンコールで歌われた
「終わりなき旅」は最高でした。

「終わりなき この旅を 歌でつらぬかん」

この一節を聞かせることができる
数少ない歌い手の1人が寿ひずるだと、
私は思っています。

この「才能の人・寿ひずる」の歌う場がもっともっと増えることを心から願っています。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。