「ショー」ちゃんほど素敵な商売はない~ライブの感想~

なんか。めちゃ久しぶりに書きます。

ホクショーさん退団してから、力ぬけたんですわ。
舞台はみてたけど、今はいろんなブロガーさんが
たくさん書いてはるし、自分書いてもなんかおもろない。

んな感じでしたが。
ボケたときのために、こんな舞台みた!つう、感想は書いとこうと。

で、今回は。

ショーちゃん、イーちゃんのライブの話。

「お帰りなさい、イーちゃん!!」

以前もマグノリアコンサートの記事書いたけど、
私、寿ひずるさんの歌声が好きなんです。

そこへ、我らがショーちゃんとライブすると知り駆けつけました。

記憶危ないんで、間違いあったらすんません。

オープニング
「青きドナウの岸辺」

イーちゃんの美声が響きわたりました!!

「愛あればこそ」

出た!初代オスカル、榛名由梨!!!
ショーちゃんイーちゃんのデュエットです。

「夜明けの序曲」
イーちゃん、宝塚できちんとサヨナラできなかったことを
悔やんでおられて。
この曲を歌えてよかったと涙。

なんか、タカラジェンヌは、ムラでキチンと卒業したいやろうし、
して欲しい。事情はあるやろうけど。
「さすらいのレクイエム」
ええ声やわ。そして上手いわ。

でも!!
1番のツボは
「闇が広がる」
ショーちゃトート、イーちゃんルドルフ!!!!

まさか聞けると思わんかった。
ショーちゃんのトートやで?
私はみたいわ。
ルドルフがイーちゃんやねん。
はあああああ。
雪2番手の時なら、ぴったりじゃないですか!!!

めちゃテンションあがったわ。

あがったテンションのまま、
ライブは進みます。

「ジュテーム」を歌うショーちゃん。

なつめさんの声でインプットされてる曲やけど、
ショーちゃんが歌うのも良かった。

あと。
「甘いささやき」
~パローレパローレパローレ♪~の歌。

これ、ショーちゃんはささやき担当で、
イーちゃんが歌。
ここでアクシデント。
イーちゃん、歌詞忘れ。

………
「もう1回お願いします!!!」


おお、貴重!!
まさかのパローレ、2連チャン。

歌詞とんだイーちゃんがめちゃあわててらして。
確認してる間のつなぎをショーちゃんが。

「歌詞忘れるくらいええやん。
最近の子みたいにシレッと間違わずに歌えても
歌に心がないとアカンわ~」

さて、2回目。

完璧。
さすが。

まだまだ続き。

「ナイト&デイ」ではショーちゃんノリノリ♪

「でも踊りはもうしんどい」そうです。

ラストは美空ひばりさんから。
「愛燦燦」をショーちゃん。
「終わりなき旅」をイーちゃん。

~終わりなき この旅を 歌で貫かん~

拍手喝采。

アンコール「サヨナラ宝塚」
鴨川先生作詞。
~たそがれ染めた~♪
またもやイーちゃん、涙で歌えず。

なんか、全然しらんけど、
まるで何十年もおっかけてきたファンのように

「イーちゃん頑張って!!」と応援してしまった。

「宝塚に帰る」

そう、トークでおっしゃってたんですが。

ああ、宝塚ええなあ。
帰る場所があるって、幸せやなあ。

そう思いました。

ショーちゃん、終始ニコニコ。

私、すごいなあと思ったのは
ライブの始めと終わりを下級生のイーちゃんが歌ったこと。

結構、上級生とライブをやったら、
優先順位も当然上級生が、おいしいとこもってくけど。
ショーちゃん、すごい。

「イーちゃんと歌ったら私も上手く聞こえるでしょ?」

これ、さらっと言うてはるけど、
プライドだけ高いようなトップにはいえないことやと思うんです。
いえるショーちゃんがかっこええなあと思いました。

でも、最後に笑わせてもらったのは。
アンコール後も、お客様がなかなか帰らず、
ショーちゃんが出てきて。

「もう今日は終わりよ。
アンコールゆうたら1曲でしょ(笑)
もう私、体力残ってへんわ~」

「ああ、しんど」

こんなコトバが似合うのもショーちゃんのキャラあればこそ。

温かいライブでした。

そして、寿ひずる様!
お帰りなさい。
その歌声は本当に貴重だと思います。
もっともっと。
宝塚をしらない人にも、イーちゃんの歌が伝わりますように。
スポンサーサイト

西郷さん~

「桜華に舞え」で
キチンと描かかれてた人の1人が西郷さん。

さやかさん。

素晴らしかったです。
本当に惜しい。

星組カンソー。

あくまで、私のカンソーです。他人がどう思おうが知ったこっちゃない。

めちゃおもんないわ!!!!!

サイトーにオリジナル台本は書けない。

正義1本まっしぐらな人物・キリノ=ホクショーさんですか?
キリノが描けてないのに「正義を貫く」ってどう貫いてたっけ?
まさか、あんな陳腐な台詞を言わせて「アテガキ」と思ってんの?

アホやろ?

あざといお涙ちょーだい!は「星逢」で十分。

そこへロマンス!

昭和の岡田先生は偉大でした。

はい。

「ボーイミーツガール」
「ザ・レビュー」
焼き直し。
昭和レビュー歌合戦でした。

ショーやレビューは、時を越えても「古く」ならないものである。
そう思う私にとって、
自身の過去作品の焼き直しをどうどうと上演される意味がわからない。

怒りが優先して、筆がすべってしまうので
ここらでやめときますが。

それでも、ホクショーさんが最後の大階段を下りるまで
どんな作品であれ、きちんと観ます。

お金を払ってみてます。

代金に価する作品がかける人がいなかったことに失望しました。

星組さんは頑張ってます。
特に、紅さんは、やっと観られるようになってきました。
ただ芝居の最後は自分の感情でなく、
あくまで「役」として「演じて」ください。
絶叫するだけが芝居ではありませんし、
そのときの感情にまかせて泣くのは役者ではありません。
素人です。
次はトップなんです。
「こうもり」でも役を交換。
真ん中への教育は十分やらせてもらえたハズ。
これで、良くなってなければおかしいです。

さやかさんが専科をやめるのは
かなり痛いと思った。
こんだけ上手い人なのに。
演じ手の層が薄くなった専科に絶対必要な人が
去ってしまうのが本当に惜しい。

風ちゃん。
本当に素晴らしい相手役さん。
正直、相手役になるまでは、個性が強いので
トップになれないんじゃないか、と思ってたけど。
こんなにもホクショーさんが男役らしくみえたのは、
風ちゃんのおかげ。
風ちゃんの芝居は安心できる。
だからこそ、がっつりコンビで、演じる芝居を観たかったけど。

本当にもったいない。

感じるもの。

星組発表みてきました。

さやかさん!!!

男も女もできる歌える専科として活躍されるもんやと
思い込んでたさ~

でも。
「ONE VOICE」の感想で、私自身、
やたら、理由もわからず、さやかさんが良かったと書いてるから、
見ていて、何か感じるもんが出たはったかなあ。
とにかく、みっちゃんより、気になってたんですわ。

まさか、卒業するからだとは……

何か宝塚の舞台、何回もみてたらありませんか?
この生徒さん、何かあるんじゃないかな、と思ってたら
組替えやったとか。
卒業やったとか。

よくも悪くも、舞台は役者のメンタルがめちゃくちゃ出ます!!

さやかさん。
「ロミオとジュリエット」の乳母と
「1789」のルイ16世は、頭の中のイメージとがっちりピースがあった
素晴らしい演技でした。

最後まで、応援しております。

ONE VOICE 雑感。

観れました。

楽しかった!
楽しかった!
めちゃ楽しかった!!

すまん。
私のボキャブラリーではこれしかいないッス。

プログラムの岡田先生のお言葉をお借りします。
「1人の声は小さく弱くとも、大勢が集まり、
力と心をひとつにすれば、その声は力強く、
大きなパワーになる」


このコトバどおりのコンサートやったんですよ。

もしもディナーショーやったら。
「北翔海莉」の魅力は堪能できても、
みっちゃんと組子が作り上げる力は体験できなかったと思う。
卒業してしまったら、もうみることができないのだから。

それならも少しでも多く、星組の組子と一緒に舞台にたつみっちゃんをみていたい。

コンサート形式にして正解だったと思います。

今は胸いっぱいで。
いろいろ書きたいけど、上手く書けない。

さやかさんが素敵やった。

今回、一番印象に残りました。

何故なんでしょう。

やはりみっちゃんと同期だからでしょうか。

みっちゃんの横にさやかさんがいて。
一緒に歌ってる。

それだけでも「ええもんみた」と思いました、はい。

また頭が冷えた頃に書きたいです。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (1)
ブログ (13)
花組 (46)
月組 (33)
雪組 (32)
星組 (24)
宙組 (24)
コーイチ君 (6)
宝塚歌劇団96期生 (9)
ワタシ的ヅカ話 (115)
ナムタン演劇史 (6)
鴨川作品 (1)
蘭寿とむ (9)
北翔海莉 (8)
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR